1. まとめトップ

大河『軍師官兵衛』ナレーター交代!藤村志保から広瀬修子に

女優の藤村志保(75)が今月3日に背骨を圧迫骨折し、現在放送中のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』のナレーターを交代することが29日、わかった。同局がFAXで発表した。ナレーションは第6回(2月9日放送予定分)まで収録を終えており、第7回(2月16日)からは元NHKアナウンサーの広瀬修子氏が担当する。

更新日: 2014年01月29日

0 お気に入り 2097 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wafさん

大河『軍師官兵衛』ナレーター藤村志保 降板

NHKは29日、女優の藤村志保さん(75)が背骨を圧迫骨折したため、大河ドラマ「軍師官兵衛」のナレーションを降板したと発表した。

起床時に背中にひどい痛みを感じ、医師から絶対安静と診断されたという。

新ナレーターは広瀬修子

広瀬 修子(ひろせ しゅうこ、1944年12月3日 - )は、元NHKのアナウンサー。現在は跡見学園女子大学文学部コミュニケーション文化学科教授、有限責任事業組合ことばの杜共同発起人。夫は広瀬弘忠東京女子大学教授。

2004年いっぱいで定年退職。現役当時はニュース番組担当のほか、落ち着いた語り口で数多くのナレーションを手がけた。大学教授となった今でも、朗読やナレーションの活動を行っている。

ナレーションが聞き取れないと話題になったことも

「あの重々しい独特なナレーションはどうしたものか。私は個人的に勇壮な語りが好みということもあり、今後が気がかり」

ナレーションが“聞き取りにくい”“滑舌(かつぜつ)が悪い”などとインターネットを中心に話題になっている

狙いがあった

「冒頭のナレーションには、播磨の母なる大地が戦乱が続く世を嘆きつつ、乱世を終わらせる官兵衛を見守っている、というイメージがありました。“大地の母”のイメージにぴったり重なったのが、藤村志保さんの声で、今回お願いしました。官兵衛を温かく包み込むとともに、経験に裏打ちされた格調高いナレーションだと感じています」(制作統括・中村高志チーフプロデューサー)

ナレーション改善へ

「いろいろな意見をいただいていると聞いている」とした上で「演出の意図があると思う。現場では、語りのトーンを残したまま、聞き取りやすくするなど工夫をしていると聞いている」と改善する方向であることを明かした。

1