1. まとめトップ

コーヒーチェーン店のコストパフォーマンス(価格)の比較まとめ

デフレの時代でお金を大事にしたければ、コーヒーショップをなるべく利用しない事です。コーヒーは、食事と違って栄養を取れるわけでもないので、友達と一緒に楽しむ以外は、利用を控えるようにしましょう。

更新日: 2014年01月30日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
36 お気に入り 134693 view
お気に入り追加

スターバックス

ふわふわソファでゆったりとコーヒーを楽しめるというスタバのイメージですが、実際に多くの店舗は硬くて狭い椅子ばかりですね。狭くて硬い椅子にこの価格は、コスパ悪すぎです。

ドリップコーヒー(Short ¥300 Tall¥340 Grande ¥380 Venti®¥420)、抹茶クリームフラペチーノTall ¥470 Grande ¥510 Venti® ¥550)など。

スタバメニュー
http://store.starbucks.co.jp/products/lineup/

ドトールコーヒー

どこにでもあるドトールコーヒーは、コーヒーメニューが200円からと手頃です。ミラノサンド(390円)は安くないですが、10:30分までの朝カフェセット(380円)ならコスパ高いです。

ブレンド・アメリカンコーヒー(S ¥ 200M ¥ 250 L ¥ 300)、宇治抹茶ラテ(S¥320 M¥370 L¥420) など。

ドトールコーヒーメニュー
http://www.doutor.co.jp/dcs/menu/

エクセルシオール(ドトール系)

ドトール系列で、ドトールを少し高級にしたのがエクセルシオールです。ゆったりと落ち着いた椅子の席がある場所が多いのが特徴で、座席間隔が広い店も多いです。スィーツ(450円)を注文するとコスパが一気に悪くなります。

ブレンドコーヒー(S¥ 280 M ¥ 330L¥380) 宇治抹茶ラテ(S¥ 360M ¥ 410 L ¥ 460)など。スタバに近い金額になっています。

エクセルシオールのメニュー
http://www.doutor.co.jp/exc/menu/list/hotdrink.html

カフェ・ベローチェ

ベローチェは、硬い椅子、狭い間隔ですが、その分だけコーヒーが安くなっています。スタバ、ドトールで硬い椅子に座るぐらいなら、こっちの硬い椅子でいいんじゃないでしょうか。

マグカップに入れられたブレンドコーヒー(M 180円L 220円)と、コーヒーショップでチェーン店でも最安値提示です。サンドイッチ200円、ケーキ250円と安値提示です。

カフェ・ベローチェ
http://chatnoir-company.com/chatnoir/html/products/veloce.html

サンマルクカフェ

サンマルク・カフェは、ソファもゆったりしていて、コーヒーのみのコスパならダントツです。パンが1個200円ほどするので、パンと合わせて購入した場合400円以上になり、コスパが悪くなる計算です。パンを買わずに利用したいカフェです。

ブラック・ブレンド(S190円M240円L290円)、ブレンド(S200円M250円L300円)

サンマルクカフェメニュー
http://www.saint-marc-hd.com/cafe/menu/

タリーズコーヒー

タリーズコーヒーは、硬い椅子、狭い店内で、最も安い本日のコーヒーでも300円からというコスパの悪さが目立ちます。このコーヒーショップの何がいいのかさっぱり分かりません。

本日のコーヒー(Short300円、Tall340円、Grande380円Enorme430円)という価格帯です。

タリーズコーヒー
http://www.tullys.co.jp/menu/

参考リンク

1





misukiruさん