1. まとめトップ

[Pigeon Post] 2014 100th Canadian Nationals カナダ選手権

ソチ五輪代表選考会で100周年記念となったオタワ大会のリポートをお届けします。in Ottawa, CANADA January 10-12, 2014 翻訳: 島津愛子 Aiko Shimazu 写真: フジ FUJIKO

更新日: 2014年01月30日

ppsk8さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 3063 view
お気に入り追加

(( Interviews/Quotes/Photos: Patrick CHAN, Kevin REYNOLDS, Elladj BALDE, Jeremy TEN, Andrei ROGOZINE; Kaetlyn OSMOND, Gabrielle DALEMAN, Amelie LACOSTE; DUHAMEL/RADFORD, MOORE-TOWERS/MOSCOVITCH, LAWRENCE/SWIEGERS, PURICH/TRAN; VIRTUE/MOIR, WEAVER/POJE, PAUL/ISLAM ))

Results/Judges Scores 結果/採点表
http://results.skatecanada.ca/2013-2014/2014CDNS.cfm?strLang=E

フジ:五輪代表。 女子 オズモンド・デールマン 男子 チャン・レイノルズ・フィルス ダンス ヴァーチェ/モイア・ウィーバー/ポジェ・ポール/イスラム ペア デュハメル/ラドフォード・ムーア/モスコヴィッチ/ローレンス/スウィーガス pic.twitter.com/W6Y2imypaa

+++ Patrick CHAN +++ 277.42 1st (SP 89.12 1st FS 188.30 1st)

Aiko: [カナダ選手権男子SP] パトリック・チャン選手(1位) (2A、2Lzになったのは) 4T-3Tがとてつもなかったので「完璧なプログラムにしなくちゃいけない」と空回り。良い時はいつも「ひとつひとつ」大切にやっている。 pic.twitter.com/UMe12cAXCB

Aiko: [カナダ選手権男子SP] パトリック・チャン選手 明日のフリーの演技では、「(カナダ選手権)100周年」の栄光を先達のスケーターの方々と分かち合いたい。*おなじみのでっかい笑顔をどうぞ〜 全文記事はJ SPORTSさんで! pic.twitter.com/7Oh5M9t7RY

オッコ:[パトリック・チャン SP後囲み] jsports.co.jp/press/article/… 2つのジャンプにミスが出て、少し動揺があったようです。しかし本人も「完璧」と評する4T-3T、凄かったんでしょうねえ。ほろ苦いインタビューになってしまいましたが、フリーに期待しましょう!

SP後インタビュー on J SPORTS

Aiko: [カナダ選手権男子FS] パトリック・チャン選手(1位) パトリック説【オリンピックの魔物=メディアやその煽り。】五輪では、自分自身を追い込んで自分の世界に入り、相手との勝負ではなく自分との勝負にする。 pic.twitter.com/oZhlPXaKs8

Aiko:[カナダ選手権男子FS]パトリック・チャン選手(1位)「ジェレミー、スゲェな!」(バルデ選手が4位になり) 「今、心が折れました…エラッジが代表になれないだろう、っていうので、僕もうだめです…エラッジは一番の親友なんです。」 pic.twitter.com/B0N1oyYrtu

オッコ:[パトリック・チャン FS後囲み] jsports.co.jp/press/article/… 充実のフリーを振り返り、ソチオリンピックの「過ごし方」への期待も垣間見え。そして、ソチ「後」へも続く発言が嬉しい限りです。 …ただ、バルデ選手への思いは、胸を刺すものがありますね…

FS後インタビュー on J SPORTS

Aiko: [ソチ五輪カナダ代表会見2/3*パトリック・チャン選手] 全編フランス語だったので内容がよく分かりませんが、真剣な話の後、スピーチの〆に「フランス語でテッサ隊長のスローガンを復唱する」というボケが決まって会場大ウケでした。 pic.twitter.com/iTcclIsjs9

テッサ(ヴァーチュー)隊長のチームカナダスローガン:
【私達カナダ代表は、誇りを持って・極限まで・止まることを知らず・感動を胸に・世界の脅威になります!】
"We promise to be proud, soaked, unstoppable, inspired, fears!"
(喜び勇むチームカナダと会見会場)

http://pigeon-post.net/events.html

2013 World Championships in London, CANADA 世界選手権
2012 World Team Trophy in Tokyo, JAPAN 世界国別対抗戦
2012 World Championships in Nice, FRANCE 世界選手権
2012 4CC in Colorado Springs, USA 四大陸選手権
2011 World Championships in Moscow, RUSSIA 世界選手権 (※英語のみ)

+++ Kevin REYNOLDS +++ 2nd (SP 3rd FS 2nd)

Aiko: [カナダ選手権男子SP] ケヴィン・レイノルズ選手(3位) 1/2: 4S転倒で大分体力を持っていかれたが、決死のスピードを出して4Tに入り、なんとか降りた。 pic.twitter.com/VQw9ZL2jeL

Aiko: [カナダ選手権男子SP] ケヴィン・レイノルズ選手(3位) 2/2: 「四回転は、ハァーッ、決まったり決まらなかったり!(on and off!)」 pic.twitter.com/FNGLJDaJbr

Aiko: [カナダ選手権男子FS] ケヴィン・レイノルズ選手(2位) 靴の問題にスケート人生を通して悩まされ「…この難易度のジャンプ構成をこなせる相方を探すのが、すごく大変です。」 pic.twitter.com/aeTGEzpLEl

Aiko: [カナダ選手権男子FS] ケヴィン・レイノルズ選手(2位) 大阪四大陸の優勝で「自信」をつけ、"…「僕はやれる」っていうことが、今なら言えるんです。" (キス&クライでテディベアが頭に当たるのは) 通常運転、ってことで。 pic.twitter.com/WpUkHgaLXr

オッコ:[ケヴィン・レイノルズ FS後囲み] jsports.co.jp/press/article/… 靴の問題は、ずっとレイノルズ選手を苦しめていたのですね。準備が順調でないことがどれだけ選手を追い詰めるのか。しかし、今の彼には「自信」がある。それは大阪4CCで培われたものでした。

FS後インタビュー on J SPORTS

http://pigeon-post.net/events.html

2013 World Championships in London, CANADA 世界選手権
2013 4CC in Osaka, JAPAN 四大陸選手権
2012 World Championships in Nice, FRANCE 世界選手権
2011 World Championships in Moscow, RUSSIA 世界選手権 (※英語のみ)

+++ Elladj BALDE +++ 219.89 4th (SP 75.80 4th FS 144.09 5th)

Aiko: [カナダ選手権男子SP] エラッジ・バルデ選手(4位) ショートで四回転ッ「明日のフリーでソチ五輪出場を決めたい」…昨年の四大陸のインタビュー、今こそ改めましてお届けします!pigeon-post.net/events/2013Fou… pic.twitter.com/y7I7TX4r6s

Aiko:[カナダ選手権・続]エラッジ・バルデ選手SP後(4位)写真 …キスクラでDaft Punkの"Get Lucky"がかかっていましたが。(泣) 現地担当によるとFS後はラコステ選手同様「声がかけられない状態」だったそうです。 pic.twitter.com/ZFVNSCMTu8

+++ Jeremy TEN +++ 213.92 6th (72.68 6th 141.24 7th)

Aiko: [カナダ選手権男子SP] ジェレミー・テン(6位) 今日はよくやったと思うけれども…このプログラムの音楽性が自分というものを表現してくれている。ここ3年3Aを失敗していないのに、なぜここで(転倒)! pic.twitter.com/m0XcbWVSsq

+++ Andrei ROGOZINE +++ 213.11 7th (SP 74.60 5th FS 138.51 8th)

Aiko: [カナダ選手権男子SP] アンドレイ・ロゴジン選手(5位)「今日は結構よかったと思う。」靴を変えて違和感があるものの、履き続けて大分イイ感じに。 pic.twitter.com/IgNA2QxB5J

+++ Kaetlyn OSMOND +++ 207.24 1st (70.30 1st 136.94 1st)

*SP後インタビュー*
(カナダ連盟サイト動画より)
少しのミスはありましたが、ほぼ完璧に滑れて最高の気分です。もう怪我はまったく回復していて、また、それを証明できていると思います。100%の力で演技できるようになりました。怪我をする前よりも好調な状態で復帰できてうれしいです。
明日はまた新しい日なので、今日のショートのことは忘れて頑張ります。
フリー"Mission Cleopatre"は、練習でもショートより調子がいいです。これまでで一番いい感じで一番お気に入りなので、このプログラムの楽しさを出したいです。

Aiko: [カナダ選手権女子FS] ケイトリン・オズモンド選手(1位) (もちろん緊張したが) 「tell the story」を心がけて。「自信」が集中や落ち着きにつながった。 pic.twitter.com/BfTfeI1kR0

1 2 3





Pigeon Post ピジョンポスト
フィギュアスケーターの"声" "今"を届ける記者チーム。
日本チームを中心に世界のフィギュアスケートを特集しインタビュー・リポートを掲載。
@ppsk8