1. まとめトップ

節分に鬼は内?鬼を祀る鬼鎮神社にはちょっと切ないエピソードがあった

埼玉県嵐山町にある鬼をまつる「鬼鎮神社」についてまとめました。

更新日: 2014年01月31日

11 お気に入り 30227 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

emo.tamさん

鬼鎮神社は埼玉県嵐山町…旧村社で、地元では俗にキジンサマ・キチンサマなどと呼ばれている。

必勝祈願に「金棒お守り」

戦時中は軍人や家族が、現在では受験生や選挙の候補者などが「必勝祈願」に訪れる。

鬼鎮神社の金棒(数年前にいただいたもの) 全長96mmほど。 今年は行ってみよう(^^) maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab… twitpic.com/8jl3y6

埼玉の嵐山に(京都じゃないよ)鬼鎮神社というのがあるらしい。 この絵馬欲しい。 もうすぐ節分かあ。 pic.twitter.com/MiHsELEu5n

@rainbowrace0101 もしかして試合!? 鬼鎮神社のお守り画像を。鬼に金棒ってことで勝負祈願でも有名ですお!q(・鶴・)pファイト pic.twitter.com/TwtP0aCCu7

なぜ鬼が鎮座?諸説ある由来の中に一つ、悲しい伝承があります。

…或る日、若い男が鍛冶屋を尋ねて来た。「わし、刀がつくりたい。教えてください」と頼んだ。…若い男は、とても熱心で、休みの時間も、また夜もろくに寝ないで、刀造りに精出した。

若い男は…よい刀がたくさん造れるようになった。鍛冶屋の家には、美しい女の子がいた。若い男は、主人に娘を嫁にくださいと頼んだ。主人は少し考えて、「それでは、刀を一晩に一〇〇本作れたら、嫁にやろう」と答えた。

…夜になったので、若者は槌を振りあげ…刀をうちはじめた。見る見るうちに、三本五本と出来てくる。

夜も遅くなった。主人は心配して、そっと刀をつくっている若い男をじっくり見た。何と、その男はいつもの男ではない。まるで鬼だ。…槌も、火花を散らして、あたり一面が火の海だ。鋭い目、頭には角まで生えている。手は次々に出来た刀を積んでいく。

主人は、アッと驚いてとび出した。あの男に、可愛い娘をくれられるものか。それには鶏を鳴かせて、早く夜が明けなくては、と考え、大急ぎで鶏小屋へ…コケコッコー、コケコッコーと鶏が鳴いた。

主人は、また覗きに行った。鬼になった男は、まだまだ刀を打っている。…そのうちに東の空が明るくなって夜が明けた。刀は九九本出来ていた。鬼の男は槌をにぎったまま倒れ、死んでしまった。主人は、…あわれに思い…男のなきがらは神主を頼んで庭の隅へ埋め、そこに鬼鎮様というお宮をつくっておまつりした

他にも、畠山 重忠(平安時代末期から鎌倉時代初期の武将)が住居である菅谷館を建てた際に、鬼門除けとして鬼鎮神社を祀ったという伝承などがあるそうです。

鬼を祀るため、桃太郎の話は厳禁・節分には「鬼は内」

鬼神神社の氏子家でもまた、決して鬼を粗末にする言葉を口にしてはならない、…桃太郎の話を決してしない

節分の日には境内で豆まきが行われるが、青鬼と赤鬼の面をつけた氏子が、「福は内、鬼は内、悪魔そと」と叫びながら、参拝者に福豆をぶつける。

この「鬼鎮神社」のように鬼をまつる神社は、一説には全国に4つあるそうです。

1 2