5.しばらく経つとBundle Creationの窓が開く
6.「partition-image_S1-SW-LIVE-7054-PID1-0002-MBR.sin」
 を残し、他のファイルをFirmware Contentへ
 そして右上のDevice、Version、Brandingを入力→OK

出典circles second.

DeviceはSO-04D,Versionはビルド番号、BrandingはNTTdocomoでいいと思います。

前へ 次へ