1. まとめトップ

自殺、病死したとされているが、暗殺された可能性のある芸能人・有名人

自殺、病死したとされているが、暗殺された可能性のある芸能人・有名人をまとめました

更新日: 2016年05月27日

win-winさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
37 お気に入り 1124550 view
お気に入り追加

自殺、病死したとされているが、暗殺された可能性のある芸能人・有名人の一覧

中川昭一

自民党の衆議院議員。自室で変死体にて発見された。死因は、睡眠薬とアルコールの同時摂取。実際はCIAに殺害されたと言われている。また民主党によって友愛(粛清)されたと捉えている人もいる。朦朧会見の際も、読売新聞経済部の記者と国際金融局長に薬を盛られたと言われている。

中川 昭一(なかがわ しょういち、1953年(昭和28年)7月19日 ‐ 2009年(平成21年)10月3日)は、日本の政治家。元自由民主党衆議院議員。位階勲章は正三位旭日大綬章。称号(学位)は法学士(東京大学)。
北海道5区、小選挙区比例代表並立制導入後は北海道11区から選出され、2009年に落選するまで連続8期、衆議院議員を務めた。その間、農林水産大臣、経済産業大臣、財務大臣、内閣府特命担当大臣(金融担当)を歴任したほか、党三役では自民党政務調査会長を務めた。また、超党派の北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟会長、日本会議相談役を務めた。
元衆議院議員の中川一郎は父、中川の跡を引き継いで2012年に衆議院議員になった中川郁子は妻。

10月4日、東京都世田谷区の私邸2階の寝室で倒れているところを、郁子夫人によって発見された。東京消防庁による救急搬送先で死亡が確認されたが、実際の死亡日時は発見前日の10月3日と推測されている。死因について、その後遺族は弔問客に急性心筋梗塞と説明していたとされるが、実際の死因の特定は行政解剖の結果待ちとなった。同月27日、新たに発足した鳩山由紀夫内閣の閣議において、中川に対する正三位および旭日大綬章の追贈を決定したが、その授与は同年10月3日付とされた。
『産経新聞』と『十勝毎日新聞』[23]は特集記事を組み、中川の死を悼んだ。 法名は「青邦院釋昭尊」。郁子夫人と長女が「清い政治を貫いた」との意味を込めて命名、鎌倉の高僧の承諾を受けた。 通夜と告別式は2009年(平成21年)10月8日・9日に東京都港区元麻布の麻布山善福寺にて自民党と中川家の合同葬として執り行われ、元首相・安倍晋三、前首相・麻生太郎、当時の首相・鳩山由紀夫等多くの政界関係者も参列した。
「天皇陛下より勅使が午前九時半に訪れ、“祭粢料(さいしりょう)”が届きました」と、アナウンスがあり祭壇中央に、飾られていた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E6%98%AD%E4%B8%80#.E6.80.A5.E6.AD.BB

中川一郎

自民党の衆議院議員で中川昭一の父親。札幌のホテルの浴室で首吊り自殺した。遺族は、鈴木宗男の行動が原因で彼が自殺したとしているが、世間では鈴木氏の計画的他殺では?という声すらある。それらは早計で、彼の躁鬱体質(統合失調症)が原因とされる。自身の事を誹謗するニュースがないか毎日テレビをチェックしていたという。他にソ連KGBが秘密裏に遂行したとも言われており、他殺説が忘れたころに沸き起こっている。

中川 一郎(なかがわ いちろう、大正14年(1925年)3月9日 - 昭和58年(1983年)1月9日)は日本の政治家。元衆議院議員。自由民主党の派閥・中川派の領袖。正三位勲一等。 農林大臣(第49代)、農林水産大臣(初代)、国務大臣科学技術庁長官(第35代)。
「北海のヒグマ」と呼ばれ、タカ派議員として知られていた。元衆議院議員中川昭一は長男。中川義雄元参議院議員は実弟。

1983年1月9日、札幌パークホテル10階1022号室バスルーム[20]にて死んでいるのを貞子夫人が発見。死因は第1報が「急性心筋梗塞」、2日後に「自殺」に訂正された。突然の訃報を聞いて駆けつけた堂垣内尚弘北海道知事をはじめ、直後から不審に感じた関係者は多数おり、関連する証言も多い。遺書も無く、また急ぐように2日後には火葬したことや、死因の変更等でにわかに「他殺説」が浮上した。直前、中川は当時第一秘書だった鈴木宗男と口論した噂はあるが、根拠はない。中川の秘書から北海道選挙区選出参院議員となった高木正明が本人の名誉を考え早急の火葬を行う指示を行ったとされる。他殺説は事実無根として、鈴木をはじめ関係者一同が抗議している。
『悶死 中川一郎怪死事件』251頁によると、「中川一郎突然死のあと、巷に流れ出た“噂話”には、さまざまなものがあった。ソ連の対日工作員レフチェンコから中川一郎が巨額な政治献金を受け取っていたのを、中曽根・後藤田ラインに知られ、暴露するぞと脅され、悩んでいたとの話に始まり、総裁選で膨大な金を使いすぎ借金返済に困窮していた、ソ連のKGBに謀殺された、ニュージーランド沖のイカ漁や韓国の水産関係者との利権を“角筋”によって絶たれた、さらには、総裁選挙後に“肝臓ガン”を告げられ悩んでいた等々などが主なものである。いずれも根拠のない、無責任な“噂話”ばかりである」という。

なお2010年10月に鈴木議員は、中川が1975年7月に世界銀行の招待で南アメリカ諸国を歴訪する出発前日に全日本空輸の藤原経営管理室長と料亭で会食した際に、「餞別」として100万円を受け取ったこと。さらに後の特捜部による「ロッキード事件」の「全日空ルート」の捜査の過程でこのことが明らかになり、1976年8月に特捜部からの事情聴取を受けていたことを月刊誌「新潮45」の記事内で証言している。なお鈴木議員は、この事を後の1982年に福田赳夫に追及されたことが自殺の原因となったとも記しているが、これに対しては貞子夫人が否定している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E4%B8%80%E9%83%8E#.E8.87.AA.E6.AE.BA.E8.AA.AC.E3.81.A8.E4.BB.96.E6.AE.BA.E8.AA.AC

新井将敬

自民党の衆議院議員。大阪の在日朝鮮人であったが、16才で帰化。東大に進学し、三島由紀夫やカールマルクスに傾倒した。証券スキャンダルの最中、ホテルで首吊り自殺したが、部屋が散乱していたこと、隣室の客が争った音を聞いていることから、他殺説が色濃い。

新井 将敬(あらい しょうけい、帰化前の名前は朴景在(パク・キョンジェ、박경재)、1948年1月12日 - 1998年2月19日)は、日本の政治家、大蔵官僚。大阪府出身。 

1998年2月19日、衆議院議院運営委員会で逮捕許諾決議が可決されて本会議で逮捕許諾決議が採決される直前に『最後の言葉だけは聞いてください。私は潔白です』と発言した翌日、東京都港区のホテルで首を吊った死体として発見された。部屋にはウイスキーの空き瓶が沢山落ちていたという。自殺か他殺かには諸説があり、いまだ明らかになっていない。夫人宛と亀井静香宛ての遺書が残されていたとの説もある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%BA%95%E5%B0%86%E6%95%AC

西宮伸一

尖閣問題の最中、親中派であった中国の全権大使である丹羽宇一郎が更迭され、後任大使として辞令が出た西宮氏であったが、辞令2日後に路上で倒れて死亡した。
中国にとって西宮は不都合な人物であり、世論としても中国の他殺説が強い。
結果として以降の大使は中国と事を構えようとしなくなるでしょう。

西宮 伸一(にしみや しんいち、1952年(昭和27年) - 2012年(平成24年)9月16日)は、日本の外交官。
外務審議官(経済担当)を経て、2012年(平成24年)9月11日付で駐中華人民共和国特命全権大使への異動が発令されたが、2日後の9月13日に意識不明となり、5日後の9月16日に着任することなく死去した。

2012年の中国における反日活動や尖閣諸島国有化をめぐる問題で日本と中国の対立が激しくなっているさなか、2012年9月11日付で事実上更迭された民間出身の丹羽宇一郎の後任として駐中華人民共和国特命全権大使への異動が発令された。10月の着任に向け、外務省で外務審議官の引き継ぎ作業などを行なっていたが、2日後の9月13日午前8時46分ころ、スーツ姿にカバンを持ち1人で出勤途中、高級住宅地の自宅近くの渋谷区松濤2丁目の歩道で急性心不全のため突如倒れ、うつぶせになり意識不明となったところを通行人の女性に発見される。女性は警視庁渋谷警察署に通報し、西宮は渋谷区の日本赤十字社医療センターに救急搬送され手術を受けたのち、集中治療室に入った。経済担当外務審議官として環太平洋戦略的経済連携協定のための各国との調整や、ウラジオストックでのアジア太平洋経済協力会議への出席、APECでの野田佳彦総理大臣と中国の胡錦濤国会主席の非公式会談への立ち会いを行うなど、海外出張が多く、疲れている様子だったという。

9月15日には政府が後任の選定を急ぐ方針であることが報じられたが、翌9月16日朝に死去。60歳没。青山葬儀所で葬儀が行われ、程永華駐日中国大使などが出席した。弔辞を述べた玄葉光一郎外務大臣は「日中関係は非常に難しい局面で、活躍に期待していた」とした。また前日に行われた通夜には、野田佳彦総理大臣も参列した。没日付をもって日本政府から従三位追贈。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n213794

野口英昭

ライブドア副会長。沖縄のホテルで首を2か所、手首を2か所、腹を5か所刺して自殺したとされる。広域暴力団によって殺害された可能性が高い。口封じのためだという。
体を刺してから非常ベルを鳴らしている等、不可解な点がある。

堀江貴文は野口の自殺を知ったとき、「マジかよ」といったきり絶句してしまったといわれていて、それまで比較的オープンだった堀江のスケジュールは突然公表されなくなったという。
須田慎一郎は沖縄での現地調査から、野口は誰かに脅されるかたちで自殺したのではないかと結論づけた。

堀江と宮内亮治は野口が自殺したことを理解できなかったという。堀江は、心臓病の持病を理由に退社した野口はマスコミが報道するところの側近どころか逆臣に近かったと指摘している[84]。堀江は、野口の自殺によって特捜部は宮内と中村長也の証言だけで自分を追い込むことができて助かったのではないかとも指摘している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%89%E3%82%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6#.E9.87.8E.E5.8F.A3.E8.8B.B1.E6.98.AD.E3.81.AE.E8.87.AA.E6.AE.BA.E3.81.AB.E3.81.A4.E3.81.84.E3.81.A6

三浦和義

ロス疑惑で無罪となった人物。サイパンで拘束された。
ロス市警によって日本側に引渡す前に殺した説が強い。自らにかけていた保険金がもし死刑になれば支払われないため、衝動的に自殺したとも言われています。

三浦 和義(みうら かずよし、1947年7月27日 - 2008年10月10日)は、山梨県出身の元実業家、随筆家、タレント、俳優。タレント事務所のアルファ・ジャパンプロモーションに所属し、株式会社エヌジーユー代表取締役であった。身長181cm、体重78kg。父方の叔母に元女優・映画プロデューサーの水の江瀧子がいる。いわゆる「ロス疑惑」が取り沙汰された。

ロサンゼルスに到着した2008年10月10日(現地日時)に三浦はロサンゼルス市警の留置施設にてシャツを用い、首をつって自殺した。なお、三浦の死亡が確認された搬送先の病院は偶然にも1981年11月の銃撃事件で三浦と妻が搬送された病院と同じであった。遺体はロサンゼルスで荼毘に付され、2008年10月25日、妻らとともに日本に「帰国」した。
身柄移送当時に被っていたベースボールキャップには、「PEACE POT MICRODOT」(多幸、大麻、LSDなどの幻覚剤のこと。PPMDは、ヒッピーのスラングで「あばよ」)の刺繍がされていたため、これが何かのメッセージだったのではないかと評されている。日本語の「あばよ」は死に際のメッセージとも受け取れるが、英語のPPMDは「See you later. (じゃあまたね)」程度のニュアンスである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E5%92%8C%E7%BE%A9#.E6.AD.BB.E4.BA.A1

伊丹十三

映画監督。マンションより投身自殺した。
映画ミンボーの女に激昂した暴力団に刺されたことがある。
自殺理由は週刊誌の不倫事件に関しての抗議とされるが、次回作が創価学会をモデルにした作品であり、教団が後藤組のヒットマンに殺させたと言われている。遺書も筆跡が残る手書きではなく、ワープロであった。
伊丹十三でヤフー検索すると、他殺や創価といった単語が予測キーワードとして出現する。

伊丹 十三(いたみ じゅうぞう、1933年5月15日 - 1997年12月20日)は、日本の映画監督、俳優、エッセイスト、商業デザイナー、イラストレーター、CM作家、ドキュメンタリー映像作家である。本人は名刺の肩書きに「強風下におけるマッチの正しい使い方評論家」という1項目を増やしてもいいと考えていた。戸籍名は池内 義弘(いけうち よしひろ)だが、家庭では岳彦(たけひこ)と呼ばれて育ったため、「本名・池内岳彦」とされる場合もある。映画監督の伊丹万作は父。女優の宮本信子は妻。長男は池内万作(俳優)。次男は池内万平。作家の大江健三郎は義弟。ギタリストの荘村清志は従弟。料理通としても知られた。身長180cm。

1997年12月20日、伊丹プロダクションのある東京麻布のマンション下で遺体となって発見された。当初から、経緯について様々な諸説が飛び交うことになった。

かつて『ミンボーの女』(1992年)公開後に襲撃事件があった経緯から、当初から暴力団の関与を疑う声はあった。ただ、事務所にワープロ印字の遺書らしきものが残されていて、そこに「身をもって潔白を証明します。何もなかったというのはこれ以外の方法では立証できないのです」との文言があったことから、写真週刊誌「フラッシュ」によりSMクラブ通いや不倫疑惑が取り沙汰されたことに対する抗議の投身自殺か、とも推測されるようになった。だが、手書きでなくワープロというのが不自然だとされた。また、死の直前、FLASHの記者から不倫疑惑について問われた際、伊丹は笑いながら「妻に聞いてみればいいよ」「(不倫疑惑は)いつものことだから」と軽口で答え、その様子がFLASH誌面に掲載されている。また死の5日前まで医療廃棄物問題の取材も続けていた。「飛び降り自殺」はまさにその直後のことであり(インタビュー、FLASH発売直後)、自殺直前の様子との不自然さから、その「自殺」には強い疑惑が持たれ続けている。ジェイク・エーデルスタインの著書によれば、伊丹は当時後藤組と創価学会の関係を題材にした映画の企画を進めており、創価学会関係者や後藤組組長の後藤忠政がそれを快く思わず、後藤配下の5人が伊丹の体をつかんで銃を突きつけ屋上から飛び降りさせたと、自身が取材した人物が語ったという。また大島渚や立川談志など古くから伊丹十三を知る人物も、警察が死因を「自殺」と断定した後も「不倫報道ぐらいのことで、あいつは自殺しない」「飛び降り自殺は絶対に選ばない」と話し自殺を否定した。
宮本信子は2002年12月20日、「感謝の会」における挨拶では「本人が決めたことですから仕方がないですけれども」と語った。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E4%B8%B9%E5%8D%81%E4%B8%89#.E7.AA.81.E7.84.B6.E3.81.AE.E6.AD.BB

黒木昭雄

1 2 3





事件・事故の話題などを中心にまとめています。

http://matome.naver.jp/mymatome/win-win

このまとめに参加する