1. まとめトップ
  2. カラダ

体に良いとされている有名な成分「ビタミンC」・・美肌、健康、生活習慣改善につながる効力を秘めていた!

栄養成分の中にビタミンがあります・・その中で特に「ビタミンC」という言葉はよく聞くと思います。そのビタミンCには体に良い効果をもたらす力を秘めているそうです。そのことについてまとめてみました。

更新日: 2014年02月01日

345 お気に入り 59710 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

alive1984さん

・ ビタミンCに隠された本当の効力とは

ビタミンCは身体にとても大切なのは誰もが知っています。

有名な成分ですね

ビタミンの中でも最もなじみのあるビタミンではないでしょうか。

ビタミンCは最もよくきく名前である

多く含む食べ物にはアセロラ・イチゴ・柿・みかん・グレープフルーツといった果物類や赤ピーマン・ブロッコリー・イモなどの野菜類があります。

沢山含まれているものは多くある

ビタミンCは、水溶性のビタミンです。水に溶けやすく、熱や空気、アルカリや酸に弱い性質があります。

これは有名な話ですね

哺乳動物の多くはビタミンCを体内で作ることができますが、ヒトは体内でビタミンCを作ることができないので食事から摂取する必要があります。

我々は食事からビタミンCを摂取しないといけない

ビタミンCの特徴としては

ビタミンには水溶性のものと脂溶性のものとがあり、ビタミンCは別名アスコルビン酸と呼ばれる水溶性のビタミンを代表する一つです。

ビタミンCは大変壊れやすく、酸・アルカリにも弱く、熱や光や酸素によっても破壊されてしまいます。タバコや過度な飲酒やストレスなどといった日常的なことでもビタミンCはどんどん消費されてしまいます。

タバコを吸う人はビタミンCの消費が激しいため・・補給が必要となる

体内十分なビタミンCがある場合は、腎臓から尿として排出されます。他の多くの栄養素と同じで、ビタミンCが不足している場合は吸収率が多くなり、ビタミンCが十分にとれている時は吸収率が下がります。

ビタミンCは十分に摂れていると尿として排出されることがある

不足するどうなるか?

ビタミンCが不足すると疲労感が強くなり、ストレスなどに対しても抵抗力が弱まってきます。ビタミンCはストレスや疲れなどにも良いといわれています。また、ビタミンCは鉄や銅などのミネラルなどの吸収を高めたり、ヘモグロビンの合成に役立ったりしますので、女性の貧血などにも効果が見込まれます。

ビタミンCの不足は体に害をもたらすという

さらに皮膚や粘膜、血管等、細胞間の結合が緩み悪化すると毛細血管がもろくなり、歯茎や皮下から出血するといった壊血病の症状が起こります。切り傷の治りが悪くなる、皮膚のハリがなくなる、骨や歯が弱くなるなどの症状が出やすくなります。また、免疫力が落ち、かぜなどにかかりやすくなります。

怪我などをしても治りにくいのはビタミンC不足ということになります

壊血病と呼ばれる病気(コラーゲンが作られなくなり、血管が弱くなることで体内のいろいろな部位で出血を起こす)や、精神障害なども引き起こすことがあります。

お肌にビタミンCが不足するとコラーゲンが作られなくなり、お肌のハリや弾力を失います。そして抗酸化力を失ったお肌はシミやしわができやすくなり、いわゆる老化を招きます。

老化の原因にもつながるそうです

・ ビタミンCを摂るとどのような効果をもたらすのか

① 美肌効果

ビタミンCの働きとしてよくいわれているのが美容面での効果です。

・美肌効果⇒シミやくすみの改善

・ニキビの改善

・毛穴の黒ずみの改善

・ニキビ跡の改善

・皮脂分泌の抑制

・コラーゲンの生成の促進(コラーゲンは肌の弾力に関係します)

⇒しわ、たるみ、ニキビの凸凹後の改善

・肌の新陳代謝(生まれ変わり)の促進

・毛穴を引き締める

・肌のバリア機能の強化

ビタミンCは肌の真皮細胞の線維芽細胞が活発に働く手助けをします。線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成します。

画像はイメージです

コラーゲンの生成をたすける働きがあります。このコラーゲンが組織の結合を強めることで、肌のハリやきめを整えます。

② 健康面にとてもよい効果をもたらす

・強い抗酸化力で活性酸素の働きを抑制( 抗酸化作用)
・免疫力を高め病原菌への抵抗力をつける
・鉄や銅などのミネラルの吸収を高める
・血中コレステロールを下げる
・アルコールの分解や肝臓の解毒作用を高める
・ストレスなどに強くなる
・アレルギー反応を抑える
・疲労感に対して効果的に働く

上記にあげられた以外にも健康につながる効力が多くのあるという

1 2