1. まとめトップ

看護師求人サイト(看護師求人支援会社) 厳選ランキング/看護師求人情報も充実

今回は看護師の転職希望者や病院やクリニックの求人担当者の双方から話を聞いたうえで、かつ今後の医療業界の展開も考えた上でより良い企業を紹介してくれる本当にお勧めの会社をご紹介します。

更新日: 2014年02月04日

mu_su_hiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 255 view
お気に入り追加

人材紹介会社を上手に利用するコツ

人材紹介会社の当り・外れは、依頼する会社とその会社の担当コンサルタントによって左右されます。

会社としての当りは、どれだけ紹介先の会社の情報を持っているかと、求人企業先それぞれについてどの程度の内部情報を持っているかによって左右されます。

次に会社としては当りでも担当するコンサルタントの質は一律ではなく、求職者にとって良いコンサルタントと悪いコンサルタントがいます。

基本的に営業は売上を上げる事を目的としていますが、求職者側が友好的に対応すると誰よりも味方になり本当にいい企業を紹介してくれるコンサルタントも居ます。
残念なことにこちらがどれだけ誠実に対応しても、求職者をお金としてしか見ないコンサルタントもいるのも事実です。

・良いコンサルタントの例
 話をちょうどいい程度で聞いてくれ、最善のアドバイスをくれる
 自分の代わりに多くの就業先を探し、その中でもよい企業を複数紹介してくれる
 業界歴の長い人が担当になると、各企業の内情も細かく教えてくれる
 企業担当者と交渉し、就業時間や雇用条件等を交渉してくれる

・悪いコンサルタント例
 こっちの話をまったく聞かず、自身の持論のみを述べ一方的な求人を紹介してくる
 自分の売上を上げるため、あまり求人を紹介してくれず、内定したら即入社するよう進める
 連絡をほとんどか、まったくしてこない、又は夜遅くに電話を自宅にしてくる

どういった基準で会社を選べばいいのか

結局はどこの人材紹介会社でも言われていますが、
担当するコンサルタントの方の業界についての知識、相性、またその会社が抱えている案件数によって選べばいいと思います。
しかし会社選びも大切なので、良さそうと思った会社2、3社(運営年数は3年以上、求人情報の更新頻度も高い)に登録をし、各社のコンサルタントを見比べて、この方なら信頼できると思った所にお願いすればいいと思います。
もし担当のコンサルタントの方と合わないと思った場合は、担当替えを依頼するか、他社にも登録する事をおすすめします。
それでも駄目な場合は、人材紹介会社以外のルートで転職活動をした方がいいと思います。

人材紹介会社の種類について

1





Web系の会社に勤務、様々なジャンルのおすすめサイトや、そのサイトを活用する上でのコツを掲載中。