1. まとめトップ

バニラエア、成田・札幌便就航初日に機材故障で欠航~影響が数日間続く

2014年1月29日、成田・札幌便就航初日、保有する一機に着陸後の点検で油圧系統の不具合を発見。その修理のため機体が使えなくなり、数日にわたり欠航便が続出した。

更新日: 2014年02月01日

1 お気に入り 6603 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hounaviさん

2014年1月29日、バニラエアの成田・札幌便就航初日。保有する一機で着陸後の点検で油圧系統に不具合を発見。その修理のため機体が使えなくなったため、数日にわたり欠航便が続出。

バニラエアは、現在3機のA320で運航中。3機目を運用し始めた直後の出来事だった。なお、2014年3月末までに5機、2015年3月末に8機、15年9月末までに10機体制を目指している。

1月29日 成田―新千歳線就航

エアアジア・ジャパンから社名を変更した格安航空会社(LCC)、バニラエア(千葉県成田市、石井知祥社長)が29日、新千歳―成田線に就航した。

成田発の初便は、折り返し新千歳発成田行きとして離陸したが…

機体は登録番号JA01VA、初号機である。前年12月20日のバニラエア営業開始時より使用されている機体。新造機なので、不具合は起きにくいと思われていたが…

29日午前11時半ごろ、札幌発成田行きJW902便が成田空港への着陸に向けて降下中、油圧系統の不具合を知らせる表示が出た。予備システムが作動し、通常通り着陸した。

着陸後の点検で油圧系統に不具合を発見

地上で確認したところ、配管部分に不具合が見つかった。点検記録などを確認したところ、点検時の見落としや人為的なミスはなく、現在原因を確認中。配管部分の部品は海外からの取り寄せとなるため、初号機の運航復帰時期は現時点で確定していない。

着陸後の調査でポンプの配管に亀裂が入って外れているのが見つかった。交換部品を海外から取り寄せるため修理に時間がかかり、同機で運航する予定だった便に欠航が広がったという。

ということで、当日・翌日の便が欠航

部品が到着するまで修理できないため、翌日の便にも影響。

1月29日欠航便
JW903 成田(12:35)→札幌(14:20)
JW904 札幌(15:10)→成田(16:55)
JW805 成田(15:50)→那覇(18:50)
JW806 那覇(19:30)→成田(22:00)
※この日は、機材繰りの関係でJW905・JW906便に大幅な遅延が出ました。

1月30日欠航便
JW801 成田(06:45)→那覇(10:05)
JW802 那覇(10:35)→成田(13:05)
JW903 成田(12:35)→札幌(14:20)
JW904 札幌(15:10)→成田(16:55)
JW805 成田(15:50)→那覇(18:50)
JW806 那覇(19:30)→成田(22:00)
※この日は、29日夜発のJW105便(台北行)が現地の天候理由で着陸できず成田に引き返したため、折り返しの30日早朝台北発JW106便(成田行)も欠航しています。

部品が到着し、31日の午後からの便は問題ないはずだったが

格安航空会社(LCC)「バニラ・エア」(千葉県成田市)は30日、エンジンの不具合が見つかった旅客機の修理に時間がかかるため、31日午前に出発する成田-那覇の2便を欠航すると発表した。29日以降の欠航便は計12便となった。31日午後からは通常運航が再開できる見込みという。

1月31日の欠航便(当初予定)
JW801 成田(06:45)→那覇(10:05)
JW802 那覇(10:35)→成田(13:05)

追加で海外からの部品調達が必要になり影響が長期化

格安航空会社(LCC)の「バニラ・エア」(千葉県成田市)は31日、機体の修理にさらに時間がかかるとして、同日~2月1日に成田と新千歳や那覇を結ぶ計10便が欠航すると発表した。不具合が見つかった29日以降、欠航便は計22便に増え、計2326人が影響を受けたという。

バニラエアの欠航の理由は、まず、油圧系統のトラブルから始まる。予定では今日の午前中に完全復旧の予定が、復旧作業は深刻で、更に部品が必要になったとのこと。

①はじめの機材故障 部品はシンガポールから調達。 今朝、到着。 ②受け側の故障 部品はトゥールーズ から調達。 現在、空輸中。

1月31日の欠航便
JW801 成田(06:45)→那覇(10:05)
JW802 那覇(10:35)→成田(13:05)
JW903 成田(12:35)→札幌(14:20)
JW904 札幌(15:10)→成田(16:55)
JW905 成田(17:30)→札幌(19:15)
JW906 札幌(19:50)→成田(21:35)

2月1日の欠航便
JW801 成田(06:45)→那覇(10:05)
JW802 那覇(10:35)→成田(13:05)
JW903 成田(12:35)→札幌(14:20)
JW904 札幌(15:10)→成田(16:55)
JW805 成田(15:50)→那覇(18:50)
JW806 那覇(19:30)→成田(22:00)

2月2日、通常の運行状態に復帰

バニラエアの欠航時の対応は?

お手続きにつきまして

欠航に伴い、バニラエアではご予約をお持ちのお客様へ下記のお手続きを準備しております。※お手続きは、フライト変更または払い戻しいずれかを1回のみのご選択となります。
(ご注意) 旅行会社経由でご予約されているお客様は下記の対応と異なりますのでお申し込み旅行代理店までお問い合わせ願います。ただし、復路便が欠航の場合はお振替を予約センター又は空港カウンターにて承ります。お手数ですが、お振替後にお申込み旅行代理店までご連絡下さいますようお願いいたします。

フライト変更
 2週間以内の、空席のある同区間の弊社便に追加料金なしでご搭乗いただけます。弊社予約センターまたは空港カウンターにてお手続きください。

払い戻し【後日対応が可能です】
 航空券に記載された搭乗日より30日以内に お問い合わせフォーム からご申請ください。航空券購入時にご利用されましたクレジットカード会社を通してご返金いたします。最短1か月、最長3か月以内にご返金いたします。
※お問い合わせ種類: 【3.e. 遅延・欠航便の払い戻し】
※同一予約番号内で往復便をお持ちのお客様は、お問い合わせ内容に“予約自体のご返金”か”対象便のみのご返金“かを入力願います。

1 2