1. まとめトップ

トクホの利権が絡み合う実は危険な「人工甘味料」トクホ飲料

トクホの事を調べていたら、トクホには利権がたくさんあり、CMも放送多いですね。人工甘味料の事や同じようなお茶やコーラが高額で売っている事実を違う角度からまとめてみました。

更新日: 2015年03月02日

16 お気に入り 75397 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yana0368さん

トクホであれば「ダイエットや健康増進に効果があり、国のお墨付きがついているのだから、安全・安心」と思いこんでいる人も多いでしょう

厚労省OBによる”天下り”問題

トクホ審査をするのは消費者庁ですが、有効性や安全性の分析を依頼するのは、『独立行政法人国立健康・栄養研究所』もしくは『登録試験機関』。一連の審査をサポートするのは、『公益財団法人日本健康・栄養食品協会』といった法人。

こういった法人の役員には、トクホ制度を立ち上げた厚労省のOBたちが名を連ねており、天下りとして問題視されてきました

ヘルシア緑茶は120mlで189円と値段がとても高い

なぜこんなにもヘルシア緑茶が値段が高いのかといえば、保健機能食品として認可を受けているからです。他のペプチドやカテキンを含んでいる飲料に比べると中身に大差が無いとしてもどうしても高くなってしまうのです。

トクホは、いまや一大ビジネス。

トクホ商品にはウラがある。

パッケージに表示できる機能の内容も許可が必要であり、制約がある。その分、広告でイメージを増長させる仕掛けを使うのだ。

特定の保健の用途を表示して販売される食品についての許可を受けているのがトクホ製品です。

逆に言えば、そこに複合的に合わさるモノについては見当されず、隠されるのです。

実は怖い人工甘味料

日本とアメリカで認可されている人工甘味料

サッカリン
発がん性が指摘されていて、現在は使用が減っている。

スクラロース
砂糖に近い自然の甘みが特徴。
焼き菓子などに使われる。
体内で消化、吸収されない。
砂糖の600倍の甘さ。


アスパルテーム 
日本では「パルスイート」という商品が有名。
砂糖の160~220倍の甘さ。
 
アセスルファムカリウム
ほかの人工甘味料と組み合わせて
甘さの維持に使用されることが多い。

ネオテーム
アスパムテールに似てるが、熱に強い。
有害な化学物


アセスルファムカリウム
ほかの人工甘味料と組み合わせて
甘さの維持に使用されることが多い。

ネオテーム
アスパムテールに似てるが、熱に強い。
有害な化学物質を含む。
砂糖の7000~13000倍の甘さ。

「人工甘味料が肥満を悪化させたり、うつ病などの精神疾患を
引き起こしたりするといった、研究報告が世界中であとを絶たないのが現状。」

「砂糖の数百倍も甘くて安く大量生産できるため、人体への影響が未知数のまま、
一気に広がってしまった。」

”効果”に関する疑惑

トクホの許可を受けるためには、申請する食品を用いたヒトに対する実験結果が必要となる

このための試験には、効果が出やすい人を被験者としていることが多いという。

トクホコーラの売りである『脂肪の吸収を抑える』のは、難消化性デキストリン

自然の食品を減らして、人工の砂糖人工の食物繊維を食べる生活が本当に体に良いのでしょうか。デキストリンを無理に摂るより、普通に野菜や魚を食べる方が健康的だと思いませんか?

@_a__o_i それね…うちの家族(飲料研究開発してるひと)が言ってたけどね…カロリーゼロとか…トクホとか…カロリーないのに甘く感じるやつの方が危ないんだぞ…て…

絶対的な砂糖の量が多いため、トクホコーラを飲んで脂肪吸収を抑える以前に、糖分の摂りすぎになることは明らか

トクホコーラを飲むよりも脂肪分の多い食事を抑制する方が、よっぽど肥満に対して効果がある

@naniwakoara 1日1.5Lは明らかに多いな。トクホのだとしても最近は人工甘味料の危険性とかも時々聞くし、どっちも糖尿病の恐れありだった気がする。

1 2