まず、フォークトップボルトを緩めて中にあるスプリングシートとスプリングを取外します。
OH=分解なのですべてのパーツを洗浄すれば、すべて新品のオイルが入りますが、せっかくのOHですからスプリングのヘタリや曲がり、クラック等がないか慎重に確認します。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

初心者に捧げる【フロントフォークOH講座】バイク編

フォークオイルの交換サイクルは、モデルごとに決められているが、一般的に5,000~10、000kmごとがオススメ

このまとめを見る