出典 ameblo.jp

オイルシールをインナーチューブに通す際は、インナーチューブ端面をビニール等でカバーしておくとシールのリップ部を傷つけにくい。その際、ビニールにもグリスを薄く塗布しておくと良いだろう

この情報が含まれているまとめはこちら

初心者に捧げる【フロントフォークOH講座】バイク編

フォークオイルの交換サイクルは、モデルごとに決められているが、一般的に5,000~10、000kmごとがオススメ

このまとめを見る