1. まとめトップ

知らない間に「カードローン」の金利が低くなってた

カードローンといえばキャッシングの一種ですが、以前は通常のキャッシング同様、金利は十何パーセントが普通でした。しかし、いつの間にやら知らない間に金利が驚くほど低くなっているのに気が付きました。そんなカードローンの低くなった金利についてまとめます。

更新日: 2014年02月03日

1 お気に入り 13769 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

qqq.comさん

▼カードローンに関するツイート

カードローンに関連したツイートをご紹介します。

皆さんどのような捉え方をしているのでしょうか。

ただ単純に低い金利だけを優先してカードローンを選んでも、   希望する融資額より少ない結果になるという事にもなりかねません。

セブン銀行カードローンの審査に通ったwww 本当に在籍確認なしだった〜 審査10分くらいで可決とか早すぎだろ

お金が足りないときはある日突然やってきます。 友人の結婚式、彼氏・彼女との旅行。無駄使いしているわけじゃないけど、突発的な出費はちょっと厳しい。そんな時に頼りになるのが、カードローン(キャッシング)。

@mekusm 冬のボーナス使っちゃう人はいるかも?あとは、結構カードでローン組んでバッグとか時計買ったりしてるよ? 意外に笑。

▼そもそもカードローンって何?

そもそもなんだっけ?という方の為に、カードローンについて簡単に説明します。

カードローン(Card Loan)とは、銀行及び協同組織金融機関が行う資金の貸付け(ローン)の一つである。

カードローンとは、本人の確認と個人信用情報に応じて無担保でお金を借りることができ、分割で返済することが可能な融資のことです

カードを作ることでそのサービスを受けることができることからカードローンと呼ばれ、お金を借りるという点では一番私たちの身近に存在するものです。

カードローンは、よくある銀行のローン、たとえば自動車ローンや教育ローンなどといった目的別ローンの仕組みと異なります

目的別ローンは一定の金額の融資を受け、それを毎月分割で返済していくだけのローンです。ですが、カードローンは個人信用情報に基づき利用限度額が決められれば、その範囲内でATMなどから自由に借入することができます。

▼キャッシングとの違い

お金を借りるということに関しては同じですが、返し方が異なるようです。

キャッシングの場合は翌月一回払いで返済するということがルールです。そのため、利用できる上限金額もカードローンより少ないケースがほとんどです。

※リボルビング払いという返済方法もあります。

▼通常、カードローンの金利といえば

通常は変動制となっており、ほとんどの場合高めの金利が採用されています。

この金利の高さが利用者にとってネックとなっているようです。

自動貸越サービス

ご利用限度額100万円未満7.000 % ~ 14.900 %
ご利用限度額100万円以上7.000 % ~ 14.900 %

スルガ銀行の金利です。

▼この高い金利が知らない間に低くなってた

高いといわれてきたカードローンの金利ですが、知らない間にとても低くなっていることが明らかとなりました。

京葉銀行は20日、住宅ローンにカードローンを加えた新商品の取り扱いを始めた。通常より低金利でカードローンが利用できるのに加え、従来二つのローンで別々に行っていた書類記入や審査の手間が省ける

新商品のカードローンは住宅ローンを組んだ利用者限定。通常金利は5~14%だが、4・5%となる

一律4.5%です。

融資額は100万円まで。毎月10日に返済用口座から元本と利息の合計で2万円ずつ返済する。利用可能年齢は満20歳以上55歳未満。

▼住宅ローン併用以外でも金利が低くなっている

サービスを充実させて顧客の取り込みを拡充させています。

SBIネット銀行では、実質年率 最低3.500% ~ 最高10.000%

など、最高でも10%を切る金利となってきています。

1 2