1. まとめトップ

奇跡の連続!五輪史上最もラッキーな金メダルを手にした男。 スティーブン・ブラッドバリー

こんな奇跡があるなんて!2002年ソルトレイクシティオリンピック。ショートトラック1000m、オーストラリア代表スティーブン・ブラッドバリーは"まさか"を続け、金メダルを獲得した!奇跡の男は母国で切手になり、辞書にも載った。ソチ五輪でもどんなドラマが起きるのか?注目しましょう!

更新日: 2014年03月22日

11 お気に入り 75943 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aik819さん

スティーブン・ブラッドバリー(Steven Bradbury)

オーストラリア出身の男子スピードスケート(ショートトラック)選手。

Steven Bradbury 1973年生まれ。

2002年のソルトレイクシティオリンピック

彼は世界ランク35位。
メダルを予想する者はいなかった。

しかし…彼はショートトラック1000mでまさかの"金"メダルを獲得した!

この獲得劇がすごかった!

2002年に開催されたソルトレイクシティオリンピックの男子・ショートトラックスピードスケート1000mにおいて、誰もが思いもよらなかった結末で優勝を果たし、金メダルを獲得したことで有名である。

ショートトラックスピードスケートとは?

1回の競走で数名(通常4〜6人)の選手が同時に左回りに滑り、順位を競う。タイムトライアルではなく着順で優劣を決めることから、『氷上の競輪』とも呼ばれている。

小回りの為、激しいライン取りが見所の1つでしばしば接触、転倒が起こります。

2002年 ソルトレークシティー五輪で起きた金メダル獲得劇

彼はショートトラック1000mで、各レース全て、前を走っていた選手が転倒や失格となり、ラッキーで勝ち進んだ。

まず、準々決勝。

結果は3位となり本来ならそこで敗退するところであった。

進路妨害によりカナダ選手が失格となったことでブラッドバリーが2位となり、準決勝へ進出することになった。

失格か…たまにあるよね。そして準決勝。

スタートから最後尾を滑っていたブラッドバリーが、金メダル候補とまで言われた者も含めて3人の前走者がゴール直前で大転倒したことによって2位でゴール。

スタートから常に最後尾にいたが、最終ラップの直線でまず一人が転倒。

続いてゴール直前のコーナーで二人が転倒して、2位で通過。

結局1位でゴールした日本の寺尾悟が反則を取られ、ブラッドバリーの1位通過が決まった。

ラッキーが2回も続くなんて。決勝は思い出づくりのつもりです。

「2人転倒すれば銅メダルかなと思ってた」

彼は世界ランク35位のとおり、またしても一番うしろを走る。

ブラッドバリーは実力的にも最も劣っていた。
だってラッキーで決勝まで残ったんだもん。

手前の緑色がブラッドバリー

もう遅れちゃってる‥
だめだなこりゃ。

相当な差がついた!

まあ決勝までこれたからよかった。。。

あんなに後ろにいたブラッドバリーが…

ゴール決める時もしれーっとしてるし。

1 2