本来の半纏とは、江戸時代に羽織(はおり)の代用として庶民が愛用したものでした。ですから羽織の変化形であると考えられ、防寒用の綿入れのもの、革製、職人が着用した屋号・家紋などが染め抜かれたものもあります。

出典contents

さらに法被(ハッピ)と半纏も本来は違うものであり、現在ハッピと呼ばれるものは正確にはすべて印半纏なのだそうです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

間違いやすい“どてら・半纏・ちゃんちゃんこ”の違い

混同されがちなこの3つにはきちんとした違いがありました!

このまとめを見る