1. まとめトップ
  2. 雑学

1年に4回!?大人なら知っておきたい、正しい節分と豆の撒き方

今年も、節分がやってきます!しかしながら、本当の節分を皆さんご存知ですか?実は、節分は1年に4回もあって、正しい『豆』球フォームもあるんです。今年は正しい知識と共に、楽しい節分を送りましょう♪(一番最後には愛媛の恐怖の節分をお届け…)

更新日: 2014年02月03日

89 お気に入り 59066 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wafumickeyさん

NAVERまとめ、TOP掲載されました(2月3日)

NAVERまとめのTOPに掲載されました。ありがとうございます。一番下に愛媛の『恐怖の交差点節分』のまとめを追加致しましたので、よければ最後まで一読お願いします♪

1年に4回もあるの?本当の節分

「節分」は、現代では立春の前日である2月3日ごろを指しますが、そもそも節分とは「季節の分かれ目」の意味で、1年に4回ありました。つまり、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれ前日です。それが、立春が1年の始まりとして重要視され、節分といえば立春の前日のことを指すようになっていったといわれています。

2月3日は節分、そして4日は立春です。現在は、立春の前日のことを節分とよんでいますが、 節分という言葉は、”季節が分かれるとき”という意味で1年に4回ありました。(本来は立春、立夏、立秋、立冬などの前日はすべて節分ということになります。)

そもそも、鬼って何だろう?

鬼は邪気や厄の象徴とされ、形の見えない災害、病、飢饉など、人間の想像力を越えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えたからです。「おに」という言葉は「陰(おん)」に由来し、「陰」とは目に見えない気、主として邪気をさし、それが「おに」なのです。

なぜ鬼は今のような「虎のパンツをはき,牛のような角が生えている」のか。それはこの北東という方角=鬼門に秘密が隠されているといいます。鬼門とは丑虎の方角。丑虎。うしとら。うしととら。牛の角に,虎パンツ!こうして,いつの頃からか鬼には角,虎パンツはつきものというイメージが固まりました。

炒った豆を使う理由は?枡にも意味があった!

節分に大豆が使われるようになったのは、炒った時にでる音と豆まきの音が魔除けになると考えられてきたからなのだ!

穀物や、果実には「邪気を払う霊力」があると考えられており、豆を蒔くことで豆の霊力により邪気を払い、福を呼び込むと考えたといわれています。

豆まきには、炒った大豆を使い。その年のえと生まれの年男や一家の主人がまくのが一般的です。また、自分の年の数だけ豆を食べると1年間健康でいられるといいます。なぜ炒った豆を使うのか、については、生の豆だと、拾い忘れた場合に芽が出ると縁起が悪い、また「炒る」が「射る」に通じるなどの説があるようです。

枡は穀物を量る大切な道具であること、「ます」という名前が「増す」や「益す」に通じていることなどが縁起物となった理由でしょう。「ますます、ごはって?ん」の賑々しい掛け声とともに枡を傘の上で回す芸は、単なるジャグリングではありません。人々に福をもたらすおめでたい芸能なのです。

家庭でも出来る炒り豆の作り方

家族が毎日おやつを食べるので、カロリーが低く総コレステロール減少にもつながり、腹持ちが良く低価格で手間のかからないおやつをと思い、炒り大豆を思い出しました。

豆まきの役割分担

豆を撒くのは一家の主人……本来は家長の役目ですが、年男、年女、厄年の人が豆まきをする場合もあります。とはいえ、家族のイベントという意味合いも強いので家族全員でどうぞ。

鬼役…父親 豆をまく役…母親 豆を拾う役…子ども

豆まきの役割分担を変えてみたり、手作りのお面をつくりあったりと、各家庭なりの豆まきを楽しんではいかかでしょうか

正しい『豆』球フォームと掛け声

胸の辺りに枡を持ち、ばら撒くように下手投げで撒きます。これは豊作祈願の豆まき(種まき)に通じています。

鬼は夜出てくると言われていますから、豆まきは節分の日の夜に行います。

玄関からいちばん遠い奥の部屋から始めて玄関まで順番にまいていきます。

まず、鬼を追い払い福を呼び込むために窓を開けて、「鬼は外!」と2回、「福は内!」と2回豆をまいたらすぐに窓を閉めます。玄関まで豆まきが終わったら、歳の数+1個の豆を食べます。これは、数え年の数だけ豆を食べるという風習があるからで、現在は満年齢を使うことが多いので+1個食べるということです。

豆まきのあとはさぁ、食べよう!

1 2