1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

無料で自宅の電波を改善!「フェムトセル」を設置しよう!

自宅や会社の電波が悪くて困っている方、携帯キャリア3社が無料で提供している「フェムトセル」なる機器があるのをご存知ですか?フェムトセルの説明、導入への手順、注意点などまとめました。

更新日: 2015年02月24日

801 お気に入り 602742 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

霧生幻さん

自宅の携帯電波強度が悪くてお困りの方いませんか?
やれLTEだ、やれプラチナだと言えど電波の悪いところはまだまだあります!
そんな方にはキャリア3社が無料で設置してくれる「フェムトセル」の導入をオススメします!

やっと届いたフェムトセルでiphoneの電波がっちりキャッチ中!in HAPPA

ドコモのフェムトセルすごく安定(*^_^*) LTE対応なんだねぇ〜

フェムトセルって?

写真はソフトバンクモバイルのフェムトセル「ホームアンテナFT」

フェムトセルとは、低出力でサービス提供(電波出力)範囲の狭い携帯電話用の超小型基地局で、一般家庭や小規模オフィスでの使用を想定した通信機器です。

フェムトセルがカバーできる範囲はきわめて小さいので、地下や高層ビル・マンションなどの屋内の電波が弱い場所で、ピンポイントで電波を強化したいときに有効です。

近年、NTTドコモの「Xiフェムトセル」、KDDIの「auフェムトセル」、ソフトバンクモバイルの「ホームアンテナFT」と、国内の主要移動体通信各社がそれぞれフェムトセルの提供を始めており、携帯電話ユーザーの関心を集めています。

NTTドコモ「Xiフェムトセル」

出典i.gzn.jp

KDDI「auフェムトセル」

料金は?必要なものは?

フェムトセルは接続したブロードバンド回線を携帯の3GやLTE(4G)回線に変換して電波を飛ばしますので、音声通話でも通話品質が下がりません。

フェムトセルは家にあるインターネット回線を利用して導入となります。よってインターネットに接続できる環境が必須になります

ブロードバンド回線を利用していないユーザーに対しては、無料でフェムトセル専用ADSL回線が敷設される。(※ソフトバンクのみ)

フェムトセル通信概要図

Wi-Fi(無線LAN)はデータ通信しか出来ませんが、フェムトセルは3GやLTEなどの携帯回線に変換されますので音声通話が出来ます。
よって普段もWi-FiでSkypeなどのIP電話を使用している方にはあまり恩恵がありません。

フェムトセル使用に向いている方は音声通話メインのガラケー使用者や緊急時の音声通話使用の為に家や会社の電波を良くしておきたい方などです!

フェムトセル導入手順は?

まずは、ご自宅の電波調査にお伺いします。
設置基準に基づき利用可能と判断された場合は、フェムトセル申し込みなど必要な手続き完了後、フェムトセルを設置させていただきます。

流れとしては「キャリアに相談」→「電波調査の人が家に来る」→「電波が悪いことを確認」→「いろいろと申請」→「キャリアから機器が送られてくる」→「設置してくれる人がくる」となります。

フェムトセル導入の注意点!

(フェムトセルを)紛失したり破損したりして返却できない場合は、違約金として※2万6000円かかる。

※金額はキャリアによって違います

フェムトセル小型基地局は、電波法に規定される無線局に該当するため、お客さまを、フェムトセル小型基地局設備の「運用者」として、総務省に届け出なければなりません。

手続きはキャリア側で行ってくれます

フェムトセルの設置には基本的に自社系列のブロードバンド回線を利用します。

ドコモならフレッツ、auならauひかりやJ:COMなど基本自社系列のブロードバンド回線しか使えません。唯一ソフトバンクは他社のブロードバンドに対応しています。※対応回線は下記の比較をご覧下さい

3キャリアのフェムトセルサービス比較

1 2