1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

大人の購買意欲も刺激!ちゃおの付録「ライトボックス」の実用性レビューまとめ

ちゃお 2014年3月号の付録の漫画家セットが話題になっています。特に注目されているライトボックス(トレース台)のレビューを中心にまとめています。

更新日: 2014年02月04日

563 お気に入り 492419 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

emo.tamさん

付録の内訳は下記の通り

ライトボックス
コミックペン
プチ原稿用紙
スクリーントーン
お手本テンプレート

http://www.ciao.shogakukan.co.jp/kongetu/

マンガの描き方が学べる「まんが家セット」が、3日に発売される小学館の少女マンガ誌「ちゃお」3月号の付録となって登場する。ライトボックスを使って、人気マンガの写し描きができる豪華な内容だ。

▼ ちゃおの現役購読者さんにも好評!

今月号の「ちゃお」の付録は、ライトボックス。なぜこんなマニアックなものを……でも娘は、楽しそうにこれで絵を描いてました。 pic.twitter.com/BqzySybEZs

▼ 大きなお友だちの購買意欲も喚起!

えっ、ちゃおの付録ライトボックスなの?!クソっ欲しいじゃねーか……あれがあると下書きから清書するのにすげー楽だもん……

▼ 実際に購入された方のレビューツイートまとめ

縦11cm横9cm程度のサイズと大きさに難はあるものの、使い道によっては十分な実用性があるようです。実際に購入された方のレビューツイートを下記の構成で紹介します。

・大きさ
・透過具合
・ライトボックスの使い道
・ライトボックス以外の付録

大きさ

付録につられてちゃお買ったけど何これSUGEEEE!!!トレース台思ったより明るい!ライトの部分の大きさは縦11cm横9cmくらいだけど自分は絵が小さいので十分!! pic.twitter.com/mihu0uHPt9

ライトボックス目当てにちゃお買ってきたよ。 ハガキサイズくらいで作りちゃちいけど、A5サイズ切り絵マンの私にはこれでじゅうぶん!かなり使えそう。 pic.twitter.com/jyEtENF4th

ちゃお付録のトレス台。大きさは10×13センチほどの長方形(光る部分は約9×10.5センチ)。厚さが二センチとやや厚め。A4コピー用紙との対比がこのくらいです。 pic.twitter.com/YDGeDjpaUO

ちゃおライトボックス、厚みはこんな。約2センチ。まあまあ透けるし、大きなライトボックス出してくるほどではない作業の時に使えそう。あと、フィギュア乗せてみるとか、机上で撮影するときの待ち合わせの光源とかにいいかも?ちなみに本誌550円。 pic.twitter.com/VoCzkqGgHw

ちゃおライトボックスその3 電源は電池。ボタン×3個使用。電池もちはまだ不明。厚みがせめて半分だとも少し使いやすいなーとちょっと我が儘言ってみるw でもすごい軽いので持ち歩きにも良さそう。キラキラしたグッズのイベント展示とか? pic.twitter.com/IrQHUqum7O

透過具合

ちゃお附録のライトボックス、葉書でもこのくらい透過するから買いだと思います! 光る部分は90×108mm twitpic.com/du9ax0

ちゃおのふろくのライトボックスの性能。マルマンのコットマン水彩紙(242g)に対して、これだけ透ける。トレーシングペーパーがいらなくなるレベル。 twitpic.com/du9ng0

ちゃおのライトボックス。これは使える…!めっちゃ使える。自分用に欲しいくらい pic.twitter.com/dIQ9tC9qnq

【ちゃおのトレス代について 】トレスできるところはポストカードより小さい。239グラムの水彩紙にも少しボヤけるが線はだいたい見えるのでトレス可能。連続使用時間は3時間。なかなかの高性能だと思う。 pic.twitter.com/DMcQ6Xeiq0

ライトボックスの使い道

ちゃお付録トレース台番外編。結構光が強いのでフィギュア撮影のライトやコス写のライトにも使えるかも。こんなに近付けなくてもライティング出来るぜ〜 pic.twitter.com/MPbRZCiMcN

勢いでちゃお買っちゃったw さっそく付録のトレス台で遊んでみたよー!フィルムも綺麗に見えるし、葉書サイズだから携帯に便利! pic.twitter.com/Pb61t7T5Gw

ツイッターで話題の「ちゃお」付録のミニトレス台に透明フィルム写真を載せてみました。「銀河遊園地」 pic.twitter.com/SL995rYo9E

1 2