1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

まぶたって遺伝で決まるの??

両親から子に伝わります。

先天的に遺伝である。

つまり生まれつきということです。

どうやって決まるの??・・「メンデルの優性の法則」です!

メンデルさん
この人の発見した法則です。

優性の法則(ゆうせいのほうそく)とは、親の性質の現れやすいほう(優性)と現れにくいほう(劣性)があり、それぞれの遺伝子が同一個体に共存した場合、優性の側の形質のみが表現型として表れること。メンデルの法則の1つ。

学校で習いましたよね。「まる」と「しわ」。

それじゃ二重まぶたの父(母)と一重まぶたの母(父)から生まれた子供は二重ってこと??

そういうわけではありません・・。

二重まぶたを持つ人には2種類います。

「二重遺伝子Aを2つ持つ人」・・AAと               「二重遺伝子Aと一重遺伝子aを持つ人」・・Aaです。      どちらの人も二重まぶたです。

二重遺伝子Aと一重遺伝子aを持つ場合二重遺伝子のAが優性(実際に現れる)なので、二重まぶたになるということです。

ちなみに、一重まぶたの人が持つ遺伝子は「aa」です。

つまり??

両親とも二重まぶたでAA×AAの場合→子供は二重まぶたAA

両親とも二重まぶたAa×Aaの場合→子供はAA、Aa、Aa、aaとなり25%が一重aaとなります。

上記図のように二重AAと一重aaのカップルの子供は二重Aaとなります。

二重Aaと一重aaのカップルだと50%がAa二重、50%がaa一重となります。

ちなみに両親とも一重の場合はaa×aaなので子供は一重まぶたaaとなります。

でも・・結局は生命の神秘!!! 神のみぞ知る!!

二重の人もAAとAaのどちらか分かりませんし・・(笑)

学生時代に戻ってパートナーと予想してみるのも楽しいかも。

1