1. まとめトップ

BOSS 宇宙人ジョーンズ まとめ

宇宙人ジョーンズ動画まとめ

更新日: 2014年02月05日

6 お気に入り 15926 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

宇宙人ジョーンズとは

宇宙人ジョーンズとはサントリーから発売中の缶コーヒー「BOSS」のCMに登場する宇宙人、あるいは様々な仕事に従事している労働者である。
演じているのはアカデミー賞俳優、トミー・リー・ジョーンズ。声は谷口節(~2012年)、菅生隆之(谷口逝去後の2013年~)である。

多くのバージョンが作られている(2014年1月時点で通算49バージョン)が、基本的に「宇宙人ジョーンズは日本で働いている。宇宙人であるジョーンズにとって、日本人の・あるいは地球人の行動は理解できない。だがその中に美しさを発見し共感する」といった構成である。
「イチキュッパ」「ハッパ!」などトミー・リー・ジョーンズが片言の日本語で叫ぶのは、昔からの彼のファンからすれば不思議な感覚に陥らずにはいられない。
宇宙人役で小倉優子、デーブ・スペクター、市原悦子、ガッツ石松、大滝秀治、山崎努が出演したことがある。
地球人側では本人役として出演する芸能人も多い。

ちなみにCMのほとんどはアメリカで撮影されている。またジョーンズのシーンは別撮りで、ほとんどが合成である。

宇宙人ジョーンズは何気に高いポテンシャルをもっており、目からビームが出たり落ちてくる岩盤を手だけで支えたりバリアを張ったりレーザービームチョークを放てたりするなど常人離れの事をやってのける。あ、そういえば人じゃなかった

宇宙人ジョーンズのシリーズ好きなんだなよあ~♪(*^_^*) 続けて見ると面白いな。youtube.com/watch?v=7ZpfYI…

今まで見たCMで一番好きなのは缶コーヒーBOSSの宇宙人ジョーンズのシリーズだな

缶コーヒーのCMはオモロイな~、BOSSの宇宙人ジョーンズシリーズが最高だろうと思っていたら、今期のジョージアもいいね。働くオトコの飲み物というコンセプトがよく表現されている。素人ガキ娘がでてくると反吐がでるわ

トミーリージョーンズって、缶コーヒーの宇宙人ジョーンズやったんや! あんま期待せずに見たけど、予想外に面白かった!

トミー・リー・ジョーンズとは

2012年、『メン・イン・ブラック3』のプロモーションワールドツアーで、唯一、日本だけに参加し、「私は本当に日本が大好きで、日本に来るのはいつも幸せ。本当に美しい国ですし、私にとっては第二の故郷。ファンがいるということはあまり意識していませんが、こうやってみなさんにお会いでき、本当に嬉しく思います」と、自らの日本好きを語った。また2013年にも『終戦のエンペラー』のプロモーションで来日予定であり、「10年来の歌舞伎のファンだ」と歌舞伎座への訪問も予定している。

トミー・リー・ジョーンズ代表作

アメリカでUFOがらみの都市伝説として知られ、UFOや宇宙人の目撃者、遭遇者のもとに出現して脅迫的な圧力をかけるとされる黒づくめの衣装の男たち、「メン・イン・ブラック」を主題とし、「エルヴィス・プレスリー生存説」等のアメリカで有名な都市伝説を宇宙人がらみの事実だったという設定でパロディー化したコメディ寄りのSFアクション映画。

妻殺しの濡れ衣を着せられた医師の決死の逃亡劇を描いた、ハリソン・フォード主演で贈るサスペンス・アクション。第66回アカデミー賞で、トミー・リー・ジョーンズが助演男優賞を受賞。

ハリソン・フォード主演の『逃亡者』で、主役以上に印象深かったトミー・リー・ジョーンズ。本作は、彼が演じるジェラード連邦保安官を主人公にしたサスペンスアクションである。
ジェラードが同乗していた受刑者護送機が、事故で緊急着陸した。そのスキに元海軍特殊部隊隊員で、現在は政府工作員のシェリダン(ウェズリー・スナイプス)が逃亡。ジェラードは部下とともに彼の行方を追う。

かつて空軍の英雄的存在だったフランク。今では引退している彼の元にNASAから緊急要請が入る。故障した通信衛星の修理方法を教えてくれというのだ。しかしフランクには苦い過去があった。当時、優秀なテスト・パイロットチーム"チーム・ダイダロス"のメンバーだった彼は、アメリカ初の宇宙飛行士として宇宙へ飛び立つはずだった。だが土壇場になってNASAの権限でその夢を断念させられたのだ。40年前の屈辱を晴らすべく、自ら宇宙へ行くことを条件に仕事を引き受けるフランク。さらに、かつてのメンバーも一緒に行けるように働きかけ、こうして伝説のチームは再結成されるが…。

関連リンク

1