1. まとめトップ

103歳の現役コーヒー豆屋職人、安藤久蔵さんがかっこいい!

103歳の現役コーヒー豆屋職人、安藤久蔵さんがかっこいい!2月5日で103歳!

更新日: 2014年02月04日

sari08さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
24 お気に入り 31824 view
お気に入り追加

西荻窪には103歳の現役コーヒー豆屋職人がいる!

西荻のフォレストガンプこと安藤久蔵さん

明治44年(1911年)2月5日生まれ 現在103歳!!

地元西荻では講演会も行われている。西荻の宝!西荻の有名人なのだ!

アド街で紹介されて全国的に有名に!

2月1日に放送された「出没!アド街ック天国」の西荻特集で取り上げられた安藤久蔵さんは御年103歳。とてもパワフルな方で、今でも珈琲の仕入れ、焙煎、販売を一人でこなしています。しかも、配達は自転車! nishiogi-navi.com/news/column/li…

『アド街』で紹介。102歳の現役コーヒー豆職人・安藤久蔵さんが話題に。 news.mixi.jp/view_news.pl?m… #mixinews か、かっこいい!!買いに行ってみようかな(^^)

安藤久蔵さん伝説

50歳から登山を再開、世界各地を遠征!

慶応義塾大学を卒業後、貿易会社を経て家業の水産業を継ぎました.
50歳で引退した後、学生時代に始めた登山を再開し世界各地に遠征!
ケニア、コロンビア、アンデス、キリマンジャロなど海外の山々にも登った。

マサイ族と友達

キリマンジャロに登った際、ポーターのマサイ族の人たちを親しくなり、帰国後も交流を続ける。

そのマサイ族の友達に相談をもちかけられ・・・

珈琲豆は先物取引だから彼らのへのマージンは販売価格の1/500にしかならず、作れば作るほど赤字。だから、私は彼らから『日本は消費国だから、あんたが売ってくれ』と頼まれ・・・

なんと85歳で珈琲専門店を始める!

西荻窪にあるアロマフレッシュ

4種類のみのコーヒー豆を仕入れから焙煎、販売まですべて一人でこなす。
南米コロンビアやアフリカ・ケニアの生産者から豆を直接仕入れ、時には現地で栽培の指導も行うという。

103歳の今も配達は都内の取引先に自転車でコーヒー豆を届ける

西荻民なら、1度は自転車に乗っている安藤さんを見たことがあるはず!

「御茶ノ水までなら毎度だね。下北沢までは1時間40分、笹塚で1時間50分。祖師谷や立川まで行った時は驚かれたねー」

そして、モテる!!

モテる年寄りになる秘けつは
秘けつ[1]「愚痴らない」。
秘けつ[2]「さみしいからってベタベタ触らない」。
秘けつ[3]「仲良くなったからってふだんの買い物とかまでお願いしちゃダメ」。
だそう。

そんな安藤さんの健康の秘訣は??

「1日に30杯はコーヒーを飲む。水分はコーヒーでとっている」
「毎朝3時間のウォーキングを欠かさない」
「自家製ヨーグルトを毎日食べる」
「肉は食べない」

アロマフレッシュ 安藤久蔵さんの健康の秘訣 水分はコーヒー さんぽは三時間 特性ヨーグルト 肉類を食べない

この前、アド街に出てたコーヒー屋の102歳だったか103歳のおじいちゃん。水は飲まずコーヒー1日30杯、肉食べないって。自転車も乗れるし、たしか85歳(?)からお店はじめたって。ショーゲキだったな。

会いたい??だけど配慮は忘れずにね!!!

【アド街を観た人へ】昨日の放映でコーヒーの安藤さん102歳のところにも人がどっと来たそうです。お元気とはいえなにぶん高齢ですし、安藤さんは先週まで風邪をひいていましたから、ご配慮いただけると幸いです。

1 2





sari08さん

かわいいものと、ダークなものがすきです。

このまとめに参加する