1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

フィギュア高橋も曲使用…音楽家・佐村河内守の作曲が別人だった!

両耳が聞こえない作曲家で「現代のベートーベン」と呼ばれる佐村河内守氏の楽曲が別人の作だったことがあきらかに。楽曲のひとつ「ヴァイオリンのためのソナチネ」はフィギアスケートの高橋大輔選手がソチ五輪のSPに使用することなどが話題になっていましたが…驚きのニュースをまとめました。

更新日: 2014年03月07日

58 お気に入り 200152 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・両耳が聞こえない作曲家・佐村河内守氏の楽曲が別人作だったことがあきらかに

両耳が聞こえない作曲家として知られた佐村河内守氏の楽曲が別人作だった!

広島市出身の被爆2世で、両耳が聞こえない作曲家として知られる佐村河内守(さむらごうち・まもる)さん(50)

主要な楽曲は、別の音楽家が作ったものだったと、佐村河内さんの代理人の弁護士が2014年2月5日未明、明らかにした

交響曲第1番 「HIROSHIMA」などの主要な楽曲は、別の音楽家が作ったものだと明かした

・告白の背景には何らかのトラブルがあったか?

代理人によると、十数年前から佐村河内さんが別の人物にイメージなどを伝え、曲にしてもらっていた

佐村河内氏の作品を「本当は自分が作曲している」という人物が、その事実を告発する準備

代理人は「具体的な楽曲の作成を行っていた人物の側にも、作曲者として表に出づらい事情があると聞いていた」などと説明

・その後、実際に作曲をしていたのは桐朋学園大講師の新垣隆氏だとあきらかに、氏は会見へ

佐村河内さんの代わりに作曲をしていたという男性が出版社を通じて名乗り出て、6日に記者会見を開く

桐朋学園大の新垣隆講師が「佐村河内氏のゴーストライターを18年間にわたってやっていた」と明らかにした

「このまま事実を伏せ続ければ、五輪という大きな舞台までもが佐村河内氏の虚構を強化する材料にされてしまうのではないか」

「皆さまの前でお詫び申し上げたいと思い、記者会見を開かせていただきます」と心境をつづった

・騒動が報じられる中、ゴーストライターだった新垣氏は会見し謝罪、また佐村河内氏の耳が聞こえていたと新たな疑惑も呈する

佐村河内氏の耳が聞こえていたとする新垣氏

佐村河内守さんの楽曲の「ゴーストライターをしていた」として、大学講師の新垣隆さんが2月6日、都内のホテルで会見

「私は佐村河内さんと出会って、18年に渡り、彼の代わりに曲を書き続けてきました」「私は佐村河内さんの共犯者です」と詫びた

佐村河内氏の聴力について「私の認識では初めからこれまで一度も聞こえないと感じたことはない」と「全ろう」についてまで偽装の疑惑が浮上

「彼と接触するときはほとんど2人だけでした。ごく普通のやりとりとをしていた。それ以外に彼と会うことはなかった」と話した

・この「全ろう」の疑惑については佐村河内氏の代理人は否定、本当に耳は聞こえていないとする

耳が聞こえているのでは?という疑惑に対しては、代理人は否定

佐村河内さんの代理人の弁護士が6日午後6時頃、取材に応じた

「障害者手帳に関しては、私たちは確認しています。実際に見ておりますので。(最も重い)聴覚障害2級ということで」

「彼の場合は唇の動きが非常にゆっくりしているので、彼との間では会話は手話なんかは使わなくても成り立つ」と“疑惑”を否定

・佐村河内氏の楽曲は、フィギアスケートの高橋大輔選手がソチ五輪のSPに使用することが話題になっていたが、その曲も氏の作曲でないことが判明…

1 2 3