1. まとめトップ

監禁王子【小林泰剛】『北海道・東京連続少女監禁事件』

北海道・東京連続少女監禁事件は、2001年から2005年にかけて複数人の少女が男(第二事件での逮捕当時24歳)に監禁された事件。

更新日: 2014年03月20日

11 お気に入り 371633 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

win-winさん

北海道・東京連続少女監禁事件

北海道・東京連続少女監禁事件(ほっかいどう・とうきょうれんぞくしょうじょかんきんじけん)は、2001年から2005年にかけて複数人の少女が男(第二事件での逮捕当時24歳)に監禁された事件。

男は青森県五所川原市の資産家の家庭に生まれ、裕福な家庭環境でアダルトゲームに熱中していたが、母親を亡くしたことで大きな精神的ショックを受け、家出同然に実家を離れ一人暮らしを始めた。周囲には「ハーレムを作る」とうそぶいていたという。その後、入門した空手道場の道場主に無断で印鑑を借用して養子縁組を届け出、名字を変えている。

第一事件(北海道)

2001年当時、男は北海道江別市に居住していたが9月に札幌市内で知り合った無職の女性(当時20歳)を自宅に連れ込んで2週間にわたり監禁し、ペット用の首輪を付けたり、「ご主人様」と呼ぶよう命令していた。女性は解放された後に警察へ被害届を提出し、翌2002年4月16日に北海道警察(道警)は監禁致傷容疑で男を逮捕。また、別の少女(当時19歳)を監禁し、包丁で足を傷付けたり、熱湯を浴びせるなどの暴行を繰り返していた等。
弁護人は被告人が中学時代から不登校になり精神病院に通院し、高校時代には自殺を図ったこともあると主張したが、一応・被告人は心神喪失状態にあらず責任能力はあるとされた。2003年8月、札幌地方裁判所で男に対して懲役3年・執行猶予5年の判決が言い渡されたが被害者との示談は判決前に成立しており、男が控訴しなかったため刑が確定した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%83%BB%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%B0%91%E5%A5%B3%E7%9B%A3%E7%A6%81%E4%BA%8B%E4%BB%B6

第二事件(東京)

執行猶予期間中に東京都へ転居した男はチャットに出入りし、そこで知り合った兵庫県出身の少女(当時18歳)と交際を始めるが、2004年2月、少女を脅迫して上京させたうえで都内のマンションやホテルで3ヶ月強にわたり北海道での第一事件の際と同様にペット用の首輪を付けて監禁。女性に「オレは病気だから捕まらないんだ」と主張。少女は6月初旬に監禁されていたマンションの一室から自力で脱出して保護されたが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)による衰弱が激しい状態であった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%83%BB%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%B0%91%E5%A5%B3%E7%9B%A3%E7%A6%81%E4%BA%8B%E4%BB%B6

逮捕

男は、その後自分は統合失調症であると主張し札幌市内の病院に通院。2004年12月と2005年4月、幻聴が聞こえるとして東京都内の病院で統合失調症の診断を受ける。警視庁綾瀬署は2005年5月12日に男を監禁致傷容疑で逮捕。
なお、男が東京へ転居した際は青森保護観察所へ転居先の住所を届け出ていたが、同観察所から東京保護観察所への転居事実確認を求めるファクシミリの送信が失敗していたことが後に判明。この情報伝達ミスが結果的に東京での第二事件を防げなかった原因の一つとされている。
後に、他にも2003年12月から2004年12月にかけ、少女(当時17歳)を青森県五所川原市内などのホテルで約3日間監禁、女性(当時22歳)を東京都内のマンションに約4か月間監禁、女性(当時23歳)を東京都内のマンションに約10日間監禁したとして再逮捕。計4人への事案で起訴された。
男は拘置中に結婚と離婚を繰り返している関係で名字が逮捕時及び実家の名字と異なっており、チャットで使用していた女性名義のハンドルネームも存在するために裁判では様々な名前で呼ばれている。なお、男の精神鑑定は却下された。法廷には白いスーツで出廷する事もあった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%83%BB%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%B0%91%E5%A5%B3%E7%9B%A3%E7%A6%81%E4%BA%8B%E4%BB%B6

自称”監禁王子” 小林(現姓・石島)泰剛(やすよし)被告(31)
北海道・東京連続少女監禁事件

監禁致傷罪

故意の逮捕・監禁行為から過失により死傷の結果が生じた場合に重く処罰する結果的加重犯である。 監禁されている被害者が脱出のために高所から飛び降りて死亡したような場合がこれに該当する。
傷害の罪と比較して、重い刑により処断される。すなわち、致傷については逮捕・監禁罪と傷害罪の法定刑を比べ、致死については逮捕・監禁罪と傷害致死罪の法定刑を比べ、下限・上限ともに重いほうを選ぶということである。具体的には、致傷の場合は「3月以上15年以下の懲役」、致死の場合「3年以上の有期懲役」となる。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)

心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、Posttraumatic stress disorder:PTSD)は、危うく死ぬまたは重症を負うような出来事の後に起こる、心に加えられた衝撃的な傷が元となる、様々なストレス障害を引き起こす疾患のことである。
心の傷は、心的外傷またはトラウマ(本来は単に「外傷」の意で、日本でも救命や外傷外科ではその意味で使われ、特に致命的外傷の意味で使われることが多いが、一般には心的外傷として使用される場合がほとんどである)と呼ばれる。トラウマには事故・災害時の急性トラウマと、児童虐待など繰り返し加害される慢性の心理的外傷がある。

逮捕時に着ていたジャージがテニスの王子様コスだった?

「落とせぬ女いない」「アニメキャラ使って性格表現」 "皇子"、取調室でも幻想の世界

「皇子と呼べ」 変わらぬマザコン 過剰な自信「落とせぬ女いない」札幌市の無職、小林泰剛容疑者(24)=監禁容疑で逮捕=を監禁致傷罪で起訴した。また小林被告が事件後、別の女性(23)を世田谷区内で約四カ月間監禁していた疑惑についても、警視庁は近く、監禁容疑で再逮捕する方針。

首輪で少女の自由を奪い、「ご主人さま」と呼ばせていた被告は取調室でも自分自身に 陶酔し、幻想の世界にどっぷりとはまっているかのような身勝手な言動を繰り返したという。自らを「皇子」と名乗り興味がある話題には冗舌に応じるが、事件の話には怒り出し、抗弁を用いて容疑を否認。少女への謝罪の言葉は聞かれないという。

「(オウムの)麻原彰晃(被告)のマインドコントロールなど比べ物にならないくらい(女性との関係は)強固なものになる」と自慢げに話したという。女性への過剰な自信も次々に出てきた。「容姿に自信がある」「皇子として現れる自分に女性が引き込まれるのは明白」「自分が落とせない女性はいない」…。自らが見いだしたという“落としのテクニック”も披露し、捜査員をまた驚かせた。いわく


(1)女性と出会った当初はメールやチャットでのやりとりで、「ごめんなさい」「お願いしますぅ」などの、「寂しがり屋」を示すキーワードを探す


(2)女性に、自らの性格をアニメのキャラクターなどで表現させ、どう認識しているか判断する


(3)機嫌が悪いふりをするなど強気に出た際に「ごめんなさい」など下手に出る言葉が見えたら 一気に「オレの言うことを聞け」といってたたみかけ、服従させる-。


取り調べの合間に被告がつぶやいた。「示談にならないかな」今回の事件は北海道で起こした同様の監禁事件の保護観察中に行われていた。北海道での事件では「根深い粗暴な性癖」や「常習性」を指摘されながらも、父親が約千二百万円もの示談金を用意し解決していた。(一部略)

http://seesaawiki.jp/otakukimoi/d/%BE%AE%CE%D3%C2%D9%B9%E4%A1%CA%B4%C6%B6%D8%B2%A6%BB%D2%A1%CB%C5%EC%B5%FE%CF%A2%C2%B3%BE%AF%BD%F7%B4%C6%B6%D8%BB%F6%B7%EF

法定での様子

タートルネックのセーターの上にドレスシャツ、スーツ上下と“白装束”で現れた自称皇子。うつむき加減で入廷し、検察側が起訴状を朗読する際、落ち着かない様子で手元の書面に目を落としていた。それが認否では態度が一変。突如として歌うように罪状を否認し始めた。

 「そのような事実は一切ありません」「従って不法に監禁しておりません」。背中まで伸びた茶色の髪を何度も手で気にしながら、時には身ぶり手ぶりを交え、腰までクネクネ。用意した文面を言い間違えると「あ、失礼」と何度も言い直し、最後には公演を終えたスターのように「以上」と言って、深々とお辞儀までしてみせた。

http://vmmv.blog42.fc2.com/blog-entry-2.html

法廷に現れた小林被告は、真っ白なスーツ姿で、傍聴席を見回す ようにして被告席に着いた。逮捕時の長髪をそのまま伸ばし、しきりに 前髪をいじるなど、容姿が気になる様子。起訴状朗読の間、証言台の 前で自分の意見陳述書を見直したり、両足の重心を変えて立ったり するなど、落ち着かない様子だった。

http://mimizun.com/log/2ch/dqnplus/1134966047/

判決

判決の日も 、「白いスーツ」に髪なびかせる
10月19日11時18分配信 産経新聞


 小林(現姓・石島)泰剛被告(26)は、証言台の前で身動きせずに判決主文を聞いていた。
 「白い皇子」と自称していた小林被告は、この日も真っ白なスーツにワインレッドのタートルネックのセーター姿で入廷。被告人席に座ると、首を振って、肩まである髪をなびかせた。

 高橋徹裁判長に証言台の前に出るように促されると、足を肩幅に広げて胸を張り、判決言い渡しの瞬間を待った。

 「主文、被告人を懲役14年に処する」。判決主文が読み上げられた瞬間も、小林被告は微動だにしなかった。

 判決理由の朗読を聞くために被告人席に戻った小林被告は、トートバックに入った裁判資料を机の上に広げ、ほとんど裁判官の方を見ることもなく、資料に目を落としていた。

最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は25日までに、東京と青森で4人の女性を監禁し心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせたとして、
監禁致傷などの罪に問われた無職・石島(旧姓小林)泰剛被告(31)の上告を棄却する決定をし「PTSDも傷害に当たる」との初判断を示した。
懲役14年の一、二審判決が確定する。24日付。

 決定は、暴行や脅迫などで生じさせた精神的機能の障害も「刑法上の傷害と解釈するのが相当」とし、
外形的な傷がなくても監禁致傷罪が成立するとした一、二審判決を妥当だと結論付けた。

 被告側は「意思に反する監禁はしていない」と無罪を主張したが、一審東京地裁は「脱出困難な心理に陥れ、
お仕置きと称した暴力や性的行為を繰り返した。絶望的な恐怖感と甚大な苦痛を与え、反省の姿勢も全くうかがえない」と指摘。
二審東京高裁も「被害者をペットとして扱い、完全な主従関係を構築するゆがんだ目的で計画的に実行した」と認定した。

 一、二審判決によると、被告は2003年12月~04年12月、自宅があった青森県のホテルや都内のマンションなどで、
当時17~23歳の4人を「逃げたら殺す」「ご主人さまの言うことが聞けないのか」と脅し、殴るなどして相次ぎ監禁。
包丁で手首を切らせたり、PTSDを負わせたりした。

http://i-ikioi.com/th/news/1343207556/

女性(少女)監禁事件の犯罪心理

女性を支配したいという欲求が女性に対する暴力的犯罪を生みますが、「監禁」は支配への思いがさらに強いものでしょう。
 一時の支配ではなく、長期にわたり、被害者の全生活にわたる支配をねらったものです。
 成人女性ではなく、「少女」を狙うときには、さらに「弱者」を狙うことで、より完全な支配を目指しているのでしょう。
 今回の事件の被害者は、未成年者とはいえ、普通で言う子どもではありませんでしたが、未成熟な子どもを性的対象として見るのは、成人女性には自信がもてないからでしょう。
 何か他の目的のための監禁ではなく、監禁自体を目的とし、そこから快感を得ようとするような犯罪は、他の犯罪以上に「異常な」犯罪と言うことができるでしょう。
 彼らは、はじめ異常空想、「歪んだファンタジー」を楽しみます。ビデオやゲームで、擬似的な満足を得ようとします。このようなビデオやゲームは、少なからずあるわけですが、普通は、このバーチャルな世界である程度の満足感を得て、実行にはうつしません。
 しかし、この異常な空想が膨らみすぎ、バーチャル世界では満足できなくなり、さらに、空想から彼を現実に引きもどすだけの力を現実社会が持っていないとき、犯行が実行されるのでしょう。
 彼を引き戻す現実世界の力とは、たとえば、大切な家族や友人、恋人がいるという感覚、大好きな学校や大切な会社がる、現実的な夢や希望があるという、「社会との絆」です。
 この社会との絆が、犯罪にブレーキをかけるのです。

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news2/2005/confinement.html

加害者男性の犯罪心理

男性は、お金持ちの家に生まれます。成績も悪くなかったようです。ルックスもかなりのものです。
普通なら、前途洋々、明るい未来が待っていたことでしょう。
しかし、彼の人生はうまくいきません。
小学校にも車で送り迎えをしたもらい、周囲から「王子」と呼ばれていましたが、愛や尊敬や親しみを込めて呼ばれていたわけではないようです。むしろ、否定的な意味合いで、変わった子どもと見られていたようです。
高校入試に失敗し、詳しくは報道されていませんが、挫折と失敗を繰り返し、結局は退学しています。
 高校を退学しても、いくらでもやり直しはきくのですが、24歳になった現在の彼は、無職のままでした。学校にも行かず、仕事にもつかず、職業訓練も受けず、親しい友達、遊び仲間もいなかったようです。外出はしていましたし、ネットの活動は活発でしたが、実社会とのつながりはひきこんでいるように希薄でした。

彼にはプライドはあったことでしょう。自分は本当はもっと立派な人間なのだと思っていたことでしょう。
しかし、上手くいかない。
プライドは高いが心の底には強い劣等感があるようなタイプの人は、地道な努力や下積み生活が苦手です。
彼らは、しばしば「一発大逆転」を狙います。たいては、口で大きなことを言うだけですが、勉強にも仕事にも一発大逆転の可能性が見出せない人の仲に、犯罪による大逆転を狙ってしまう人がいます。
 女性と親しくなりたいのであれば、失敗すれば、ふられたり馬鹿にされたりする危険を冒しながら、それでも、努力を重ねます。女性にやさしくされたい、尊敬されたいと思うなら、それに相応しい男性になれるように、自分を磨くしかありません。
 しかし、そのような人間関係能力は持たず、地道な努力もできず、犯罪に走る人がいます。
 彼は、「ハーレムが作りたかった」と述べています。
 女性に暴力的な行為をする人は、女性に対して強く威張っているように見えますが、実は、甘え、依存したい心があります。乱暴な心で強いものにぶつかっていくような犯罪ではなく、「甘え依存型犯罪」であることも多いのです。
 北海道の事件での弁護士によると、この男性が、
「母親役の人がいないと生きていけない」
「自分の自殺願望を止めてくれる人がほしい」と語っていたと言います。
弁護士は「女性にご主人様と言わせることで自信を持つ」性格が事件の背景にあるのではないかとも語っています。

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news2/2005/confinement.html

拘置中に結婚!? 2ヶ月後には離婚

1 2