1. まとめトップ

今から柔道整復師を目指す人はこんなにブラックな業界なんだってことを知っておいてください

柔道整復師の待遇についてまとめました。僕も柔道整復師ですが、どのくらい立場が危うい職業かというのを、柔道整復師を目指す方に知っておいてほしいです。安易な考えでこの業界に入ってくると酷い目に遭いますよ。

更新日: 2014年02月15日

21 お気に入り 345949 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■柔道整復師の現状

給料は?

>整骨院に勤める夫をもつ妻です。年収300万円くらいですね。

>毎週整体に通ってますが、先生と会話してると収入はサラリーマンより低いのかなと思ったことがあります。

>見た目結構はやっていて、だいたい平均的なサラリーマン程度だといってましたから、600万とかじゃないですかね。

>知り合いでいましたが開業するまでは収入ははっきりいって良くありません。

>月25万ならいい方だと思います。

月給なら平均すると最近は20万円前後ではないかと思います。整形外科なら賞与はある程度あるかもしれませんが、接骨院だと賞与なし昇給なしという所が結構あるかと思います。年収で言うと240から300万円位が相場ではないでしょうか?

年収は上記のように書いてありますが、300万円未満なんてのもザラです。ハローワークの求人をみるといかに給料が低いかわかると思います。賞与はおろか、昇給がないところもあります。勤務柔道整復師は正直、金銭面で考えればオススメしません。僕が以前いた千葉県の接骨院は月給16万円でしたね。現在の職場はだいたい29万円です。
ホント職場によってピンキリなんです。

勤務で大して給料もらえないなら開業すればいい?

柔道整復師は「開業権」があるため、自分で接骨院や整骨院を開業することができ、治療には保険も適用されることから患者さんも利用しやすく、ある程度安定した収入も見込むことができます。

こう思っている方も多いのではないですか?
実際は安定した収入を見込める人のほうがはるかに少ないです。

>開業当初およそ3ヶ月から6ヶ月間程度を運転資金などを用意していると思いますが、勝負は2年以内じゃないですか?はっきり言って簡単につぶれますよ。

>私が通っていた東京の接骨院もつぶれましたし。
最後のほうは 「他の会社の人も連れてきて!」と
必死でしたね。

>儲かるはずはありません。正直儲かっているところは昔からずっとやってるところ

>安定を求めるなら正直やめた方がいいと思います。私の友人たちで前職の方が収入面でははるかにいいと言っている人はかなりいます。この仕事に就くならそれ相当の覚悟が必要だと思います。

院長やってますが、申告の際に届け出た年収は120万円です。
妻と両親の3人には毎月20万円の給与を払っているので帳簿上では火の車です

3か月前に開業したが月収10万円 不正しても生活して行けない。
こんな資格取るんじゃなかった。

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/01(日) 16:14:50 ID:R2oUet330
柔整(柔道整復師=接骨院)の開業者平均年収が
わずか324万(平成17年国税)www

これが開業柔道整復師の現状です。
お金のことだけを考えて柔道整復師になるのはやめたほうが賢明です。
理念がないならば一般企業に勤務していたほうが、稼げるし待遇もいいはずです。

■福利厚生は?

なお、柔道整復師は正社員が募集されることが多く、この場合、雇用保険や労災保険厚生年金、健康保険などが完備されており、昇給もあります。

↑悪質な嘘だと言ってもいいくらい勘違いさせる説明です。
現状はこちらです↓

>柔道整復師として働くようですが、雇用形態は正社員?みたいで賞与や昇給も記載されていましたが、保険関係が雇用保険のみで、労災や年金、健康保険が全くありません。

>今時、整骨院程度の規模の事業所で厚生年金、健康保険なんて
常備している所なんて非常に稀ですよ。

>5人以上でなければ、加入しなくてもいいため、強制適用となっていない事業主の殆どは
加入していないことが現実です。

チェーン店以外の接骨院は健康保険に加入できる場合は非常に稀です。入れたらラッキーくらいに思ってください。

ただ福利厚生が全くないのが現状で、保険、年金は自己負担がほとんどです。もちろん有給休暇なんてありません

では、柔道整復師の就職とはどんなものか?私の住む大阪府の場合。

整骨院や鍼灸整骨院の場合
・月給15~22万円くらい
・残業代はなし
・交通費は一部支給。ない場合も。
・制服は貸与
・ボーナスなし
・退職金なし
・昇給は院長に気に入られていたらあり
・社会保険なし、厚生年金なし
・週休は良くて1日
・就労時間、1日12時間は当たり前、週65時間は軽く越える
・有給休暇はなし
・年末年始、夏期休暇はあり
・パワハラ、アルハラ当たり前
・就職先が不正なことをしている可能性大

接骨院ってこうみるとブラック企業並ですよね。
働く側としては笑えません。
目指す方は福利厚生に期待はしないほうがいいですよ。

労働時間はどのくらい?

勤務するにしても、休日は土曜日の午後と日曜だけという場合が多く拘束時間も長いです。

勤務 月から金8時半から8時(昼休み2時間くらい?) 土曜昼なし8時半から4時まで

拘束時間が長い。
求人で書かれている時間なんて90%嘘。
残業代なんてなくて当たり前。

大抵の治療院は、朝9時ころから夜8時、9時と、営業時間が長い傾向があります。その中で何人もの患者さんを診るとなるとそれは重労働となりますし、営業後も事務処理や研修などを考えると、拘束時間の長さはかなりのものとなります。

拘束時間が長いのも困りもんだよね。お昼になって、お腹がすいているのに食事の前に勉強会をやるところがあって、その上、治療が終わってからも勉強会をやるんだよ。夜10時、11時までね。

一般的に拘束時間はかなり長いです。接骨院は週1休みのところが多いですし。
整形外科はその限りではありませんね。
ただ、覚えていてほしいのは、求人に記載されている労働時間は信用してはいけません。
始業1時間前には職場について掃除や準備、これは一般職の方もやっている人はいるでしょう。
問題は終業時間です。99%終業時間には終わりません。患者さんが受付時間ギリギリに来院した場合、30分~1時間は労働時間が延びます。

さらにその後、掃除やレセプト整理があります。これも大体30分~1時間。さらにそのあと、その日に来た患者さんの症状の検討、ミーティング、勉強会がある場合もあります。これも大体30分~1時間30分。
これが接骨院勤務の労働時間の現実です。求人に出てる労働時間+2~3時間はみておいたほうがいいですよ。するとどうでしょう・・・労働時間が10時間~12時間のところがほとんどです。
余談ですが、僕の以前の接骨院での勤務は、朝6時半起き→8時に出勤→9時開院→13時から休憩→14時半から準備→15時開院→20時~21時半に閉院→そこから掃除・検討などして家に着くのが23時半~24時→次の日、みたいなのが平日のサイクルでした。

これはあくまで『接骨院』の勤務のケースです。
整形外科は週休2日&祝日休みのところも多く、勤務時間も接骨院ほど長くはありませんよ。

柔道整復師になるメリット

1 2