1. まとめトップ
  2. 雑学

【ロシア】プーチン大統領の生い立ちと経歴...ずば抜けたカリスマ性が凄い!

不良少年・元スパイ、クーデター阻止に国内財閥との対決、東欧企業のマフィア式買収、暗殺未遂。ロシア・プーチン大統領のこれまでが凄まじい...。

更新日: 2014年02月13日

hiraoka_meさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
405 お気に入り 1284106 view
お気に入り追加

第2・第4代ロシア連邦大統領 - ウラジーミル・プーチン

プーチンは1952年10月7日にレニングラード市の労働者夫婦の家庭に生まれた。父は車両工場の組立工で、仕事熱心な、真面目で、言葉少なく、ときには厳しい性格の共産党員であり、職場の党組織の書記をしていた。

戦時中、父は志願して軍隊に入り、レニングラードの防衛に従事。

2人の兄弟は、プーチン生前に亡くなる

写真は、ナチスドイツに勝利してから68年となる記念の日、記念式典出席時のプーチン氏

名前をヴィクトル・プーチンといい、1940年生まれで2年後に死亡したという。そして、長兄についても幼いころに亡くなったと回想した。

戦時中、母がドイツ軍に包囲されたレニングラードで食料不足により餓死寸前までいった。その時、兄はジフテリアで死亡した。

フリガーン(不良少年)と呼ばれた少年時代

写真は、少年時代のプーチン氏

記憶力は抜群で頭の回転も速かったが、問題児で悪ふざけを繰り返していたと証言している。プーチン自身も後に幼少時代は相当な悪童であったと告白している。

11歳の頃より柔道とサンボをたしなみ、大学在学中にサンボの全ロシア大学選手権に優勝、1976年には柔道のレニングラード市大会でも優勝した。柔道について「柔道は単なるスポーツではない。柔道は哲学だ」と語っている。

将来はスパイになりたい。エリートへの道を進む

16歳の時に大きな建物の国家保安委員会(KGB)レニングラード本部へ行き、ここで働きたいと申し出た。出てきた男の人が、ここは希望して入るところではない。自己希望者は採らない。軍隊か、大学・高専などの高等教育機関の卒業者を迎える、と語った。

1975年、プーチンは国立レニングラード大学法学部国際学科を卒業すると、大学の派遣によりKGB職員となった。

ロシアのスパイ機関「KGB」に所属し、さまざまな諜報活動に従事

スパイ時代のプーチン氏の写真は、今もいくつか残っている。

外国で諜報活動を行うためにKGB赤旗大学で学び、1985年に東ドイツのドレスデンへと派遣される。東ドイツには1990年まで滞在し、政治関係の情報を集める諜報活動に従事したとプーチン自身は語っている

観光客になりすまして、米・レーガン大統領に近づくスパイ時代のプーチン

この偶然の写真が残っているのも凄い・・・。

1988年撮影ってことは、米ソ冷戦終結間際かな。首から下げてるカメラが、改造銃だったりなんかしたら、歴史が変わっていますね。

KGB職員から政界へ。新たな道へと進みだす

1990年、プーチンはKGBに辞表を提出し、レニングラード市ソビエト議長だったサプチャークの国際関係担当顧問となった。またサプチャークの下で陰の実力者として活躍したため、「灰色の枢機卿」と呼ばれた

当時の大統領を手助けし、クーデターを未然に防ぐ功績を挙げる

当時のプーチン氏と、エリツィン大統領(右)

1998年7月にはKGBの後身であるロシア連邦保安庁の長官に就任。この時、ボリス・エリツィン大統領(当時)のマネーロンダリング疑惑を捜査していたユーリ・スクラトフ検事総長を女性スキャンダルで失脚させ、首相だったエフゲニー・プリマコフのエリツィン追い落としクーデターを未然に防いだ。この功績によりプーチンはエリツィンの信頼を得るようになる。

首相職からロシア連邦大統領へ

1999年に首相に任命されると第二次チェチェン紛争の制圧に辣腕をふるって国民の支持を集め、同年健康理由で引退を宣言したエリツィン大統領によって大統領代行に指名

1 2 3





hiraoka_meさん



  • 話題の動画をまとめよう