1. まとめトップ

成功できる人とできない人の違いがわかれば成功者になれる

行動する、思考を変える、目標や夢をもつ、学ぶ、成功者に共通することをまとめてみました。

更新日: 2014年02月08日

kana632911さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
171 お気に入り 66067 view
お気に入り追加

行動できる人

「行動」できる人が成功する。

あらゆることは、実際に行動して初めて分かります。
行動するから、人や物や経験に出会うことができるのです。

考えて分からないときは、とにかく行動してみよう。

難しいかどうかは、やってみないと分からない。
とにかくやってみることが大切なのです。

成功者は、物事をシンプルに考えます。

シンプルに考えるため、行動に移すのが早く、あれこれ悩む前に
「まずやってみる」ということを選択します。

成功者と言われる人と、失敗者と言われる人、一体何が違うのでしょうか。私は、成功者とは、壁にぶつかったとき、決して逃げず立ち止まってそれを乗り越える人。失敗者とは、壁にぶつかると、言い訳をして別の道に言ってしまう人だと考えています。

できない人は、言葉で口説く。
できる人は、行動で口説く。

「百聞は一見にしかず」です。
できる人は、言葉より行動で「できる」を表現する人なのです。

夢や目標を持つ人

大きな夢を、持とう。

自分の憧れを見つけたら、手本にして、憧れに近づけるようにどんどん行動することが大切です。

「こうなりたい!」という強い成功願望を持つ

這いつくばってでも夢や目標を達成させようとする強い力が成功への原動力となる

できる人は、ビジョンを語り合う。
できない人は、過去を語り合う

暗い過去の話はやめて、
明るい未来の話を心がけよう。

思考を変える

成功者ほど、
頭の中が整理されている。

考える作業とは、頭の中を整理する作業

プラスの考え方を、身につけよう。

あらゆるマイナス思考は、プラス思考に変えることができます。
意識を変えるだけでいい。

失敗者は「逆境」で諦める。
成功者は「逆境」をばねにする。

たくさんの逆境や、山ほどの失敗を成功者は、ばねにして向上していきました。

[言葉] 初めの一歩を踏み出すのは勇気がいるかもしれません。でも失敗してもいいじゃないですか。どんな成功者だって10のうち8は失敗するのです。成功者はその8つの失敗をできるだけ早くしかもお金をかけずにやる。そして成功する2に集中して投資をする。『あなたの会社が90日で儲かる!』

成功者には共通して「諦めない気持ち」が備わっているのです。 見方を変えれば、失敗しまくっても、その都度這い上がってきたからこそ成功を手に入れる事ができたのです。皆さんも自信を持って下さい。失敗しても、そこからまたスタートすればいいだけなのですから。

間違ってもいいから、
自分が考えて、答えを出そう。

成長するということは、他人に考えてもらうのではなく、間違ってもいいから自分が考えることなのです。

成功者は基本を大切にしています。

多くの人は基本に忠実にやらないで失敗するのです。
ー堀江貴文

発想力を身につけるのに近道はない。基本をやりつづける。
ービル・ゲイツ

才能より努力の継続が大事。

長い時間をかけて、ひとつのテーマに取り組んだという点

早歩きの人は、頭の回転が速くなる。

体を動かして運動神経を刺激させることで、脳を刺激するのです。

本をたくさん読む

センスを磨くには、インプットするのが効果的です。
本には、先人たちのためになる知恵が凝縮されています。
本には著者が今まで蓄積してきた何十年の膨大な知識や知恵が
コンパクトにまとめられています。

成功者は、総ての事に感謝できる人です。

感謝できるということは心に余裕がある状態であるということです。周りと比較しないで自分自身の人生にある豊かさや幸せを振返り感謝する事が出発点になるのです。

1





kana632911さん

ライフハック、ためになる事や役にたつ話題など生活を豊かにすることを中心にまとめていきます。