1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

勉強・仕事で結果を出す!!「集中力」について知っておきたいこと

勉強・仕事で結果を出すためには、「集中力」をいかに発揮して維持するかが重要になります。あなたが今以上の結果を出すために「集中力」について知っておきたいことをまとめます。

更新日: 2014年02月24日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1788 お気に入り 156076 view
お気に入り追加

▼ 集中力には周期がある ※波に上手く乗ることが重要

短い時間:15分間を上手につないでいく能力が集中力です

集中力には周期がある。その波に自分があわせることが重要。

▼ 集中力には限界がある ※自分の限界を知ることが重要

脳がひとつのことに集中できる時間は45分が限界です

30分~50分が大体のコンセンサスである

人間の集中力の持続時間はだいたい「30分~50分」ぐらい

2時間 (120分) は長すぎると考えられる・・・

ですから、人の集中力の特性を考えると、2時間集中するよりは90分で1セットとしたほうがいいかもしれませんね

大学の授業は 90分だが集中できているだろうか?

他には15分という説や、45分という説があり、45分となると学校の授業が1コマ分に相当する。大学の授業ともなると90分になる

▼ リラックスしているかどうかがポイントになる (α波)

キーワードは”リラックス””心地よさ””良いイメージ”です

集中できるときというのは、たいていリラックスしているもの

リラックスにより、持続型集中力を身に付けることができる

人が集中している時というのは、このα波が多くでているのです

ひとつの方法として"アルファ波" と言うものがあります。これを取り入れる事によってこの持続型集中力を身に付けることが出来ます

【勉強方法】 勉強する時、音楽を聴きながらやるのは良くないとよく言いますよね? しかし、自然界にある音(雨の音、せせらぎの音、海の波の音など)なら聴きながら勉強しても集中力がそがれることがなく、集中して勉強できます! それらの音はyoutubeなどにあるので探してみてください!

▼ 集中力を維持するためには 「休憩」 が必要

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49