1. まとめトップ
  2. 雑学

【ミニマムな道具達】ソロ・キャンプやサバイバルなどの名脇役

ソロキャンプ、キャンプツーリングを中心にキャンプ場などで役立つコンパクトで美しい、実用可能なキャンプ用品や便利グッズを集めました。どれもコンパクトなので、地震の震災対策やサバイバル、登山にも。残念ながら生産中止の物もありますので、あしからず。野宿、フェス、おひとり様にも。

更新日: 2020年05月13日

322 お気に入り 785972 view
お気に入り追加

豆を挽き、ドリップ、保温性の有るタンブラー機能と一つで文字通り挽き立てのコーヒーを味わえる。

価格は4,000円前後~10,000円台の高価な物まで数種類発売されている。
仕様はセラミックミル、フィルター不用のステンレスフィルターとほぼ同じ。お湯を少しずつ注ぐ為の工夫もされている。
予算と口コミなどを参考に検討すると良いだろう。

車でのソロキャンプや、コーヒーを愛するキャンパーに。

ウェストバッグからリュックに変身

少し高めだったウェストバッグからリュックに変身するバッグをユニクロが発売。

ユニクロからリュックとウェストバッグの2WAYバッグが¥1,900という超破格で発売。

上部を畳むとバックパックから、ウェストバッグになる機能はそのままに、ポケッタブルになる機能を追加し進化させた。
コストパフォーマンスが高く、文句のつけようが無い。

薪も割れる”システムツール”

今までのマルチツールは携行性を重視していた為、薪などの木を切るという、アウトドアでは欠かせない作業が苦手な物が多かった。

KLAXのこれは斧とマルチツールの組み合わせで、より実用的にしたもの。柄とヘッド部分も簡単に分解出来るので収納性にも配慮しており、ヘッド部分はステンレスで錆にも強い。

サイズ:アックス(斧)全長16.5×刃幅9.5cm、ハンドル:約38.5cm
素 材:ステンレス、木
重 量:アックス約408g、ハンドル約263g

”見る”

もともとライフルスコープを作っていた、SIGHTRON(サイトロン)のミリタリー仕様の短眼鏡。現在でも、自衛隊、警察などに納入している。

100%ニトロゲンガス充填の完全防水で、ミルスケール内蔵。対象物の大きさや距離を求める事が出来るが、使わない人にはミルスケールが中心にある事で邪魔という声も。

サイズ:120×39×39mm
•本体重量:145g
•素材・材質:光学ガラス、マグネシウム、ラバー
•原産国:日本
• 倍率:7倍
• 対物レンズ:28mm
•レティクル:100/100
(自衛隊納入モデル)

”燃やす”

”照らす”

UCO(ユーコ) のランタン、ハンディライト、モバイルバッテリーの3役をこなす、充電式 LEDランタン。
縮めるとハンディライト、伸ばすとランタンに。
(画像は、伸ばした状態)

サイズ:16×φ5cm(使用時)、11.5×φ5cm(収納時)
•明るさ:150ルーメン
•重量:118g
•点灯時間:ハイビーム/4時間、ロービーム/80時間、ストロボ/120時間
• 耐水性:IPX―5
•電池:3.7V 1.8AHリチウムイオン電池(内蔵)
•付属品:充電用USBケーブル

"暖まる”

Trangiaなどの、小型アルコールバーナー用の暖房器具。
アルコールバーナーを使うソロキャンパーの寒さ対策には強い味方。

寒い時期にシングルストーブをヒーターに変身させる道具。ソロテントでは強い味方。

”置く”

原産国:台湾
• 本体サイズ:幅29.7×奥行21×高さ7.8cm
•本体重量:395g
•材質:天板=アルミニウム、スタンド=ステンレス、専用収納ケース本体・ひも=ナイロン、ひも留め=樹脂
• 収納時サイズ:幅29.7×奥行11×高さ1.9cm
•耐荷重:3kg

コンパクトになり少ないアクションで設置、撤収が出来る事が魅力。

ソロ用のテーブルは各社から、沢山出ていますがコールマンのこちらは更にコンパクト。

ただ、残念なのは作りがイマイチ?

”ガソリン補給”

車やバイクで山に入る時や、地方でスタンドが見つからない時など、持っている安心なガソリン補給グッズ。

こちらは、工具で有名なアストロプロダクツの給油ポンプ。

ガソリンバーナーやランタンで、いざという時に赤ガス(レギュラーガソリン)が使える物が有るが、車やバイクからどのように入れるか考えた事は有るだろうか?

タンクを下ろしても良いのだが、車のガス欠の時に使用するこんなポンプを流用するのも良いだろう。

車用品のエーモンからも同タイプの物が出ている。

ガソリンエンジンを使う、ラジコン用の給油ポンプを流用する事も可能。ラジコン用ポンプは手動式の物と、電動式の物があるので好みに合わせて流用するといい。

これは20Lのステンレス製。携行缶の大きさは車の燃費に合わせて準備すると良い。山に入るなら、この様な平たいタイプの方が安定する。

こちらはオリジナル工具で有名な、アストロプロダクツの3L缶。

”ダッジオーブン”

ソロなど少人数用に使える、南部鉄器の薄型ダッチオーブン。

1 2 3 4 5 6 7