1. まとめトップ

これが歴代のVAIOだ♪ Sony のVAIOよ(´∀`*)ノシ バイバイ そして有難う!

初代VAIO505モバイルノートパソコン発売 1997年~2014年 ソニーVAIO 最終モデルまで。ユニークで、斬新で、贅沢すぎる高性能、変態なマシンまで様々な楽しい過去に発売されたVAIOパソコンのまとめ。ソニーらしさとは、歴代バイオを見ると、よくわかる!!!

更新日: 2015年06月08日

11 お気に入り 84863 view
お気に入り追加

2015年 VAIO社からVAIO Zが復活!VAIOの新たな歴史が続く!

2015年2月 ソニーからPC事業を独立継承したVAIO社がつにモンスターノートパソコンVAIO Zを発表!発売しました!

http://digital-pancakeman.seesaa.net/article/414839902.html

2014年2月6日発表 ソニーからVAIO事業を投資ファンドへ売却譲渡(+_+)

2014年春モデルを持って、企業ソニーとしてのパソコンVAIOの販売は終了します。
VAIOファンには非常に悲しい出来事です。

1997年 VAIOノートパソコン505の発売~2014年春まで、様々な形状&機能のVAIOが発売されました。

スタイリッシュな機種~斬新、奇抜な機種までを振り返ります。
これぞ、ソニー!これぞVAIOと思われるPCを中心にピックアップ♪

1997年 VAIOノートパソコン505シリーズ登場!

初代VAIOノート
1997年11月発売~

パソコンに初めて、カラーリング&デザインを採用した機種。

後にバイオカラーと称される、独特の紫色
シリンダー形状と呼ばれる、本体とディスプレイのヒンジ部のバッテリーの形状が特徴です。

発売:X 1998年3月~
発売:EX 1998年2月~

天板には、「VAIO」の文字が入るのも、初代から2014年まで、共通

モニターを開けて、使用し時に、文字が読めるように、文字を配置していたのもソニーだけだった。

バイオノート505シリーズの登場は、度胆を抜かれた!
他社のノートパソコンには、圧倒的な、薄さ、軽さ、美しいデザインに心を奪われた人も多かったことでしょう。「銀パソ」時代の幕開けとなった。


パソコン、ノートパソコンが欲しい人の憧れのパソコンであった。
VAIOがもたらしたモノ
・所有欲 ・自慢できる ・高性能 ・お洒落 ・ステータス

発売:1998年9月~
ディスプレイ:1024×480 と超横長
当時は、4:3比率が当たり前の中、斬新な比率で登場!

また、自分撮りも可能な可動式小型ビデオカメラを搭載したことも話題に

発売:2000年11月~
手振れ補正付光学10倍ズーム付きビデオカメラ内蔵
もはや、ビデオなのか、パソコンなのか?
奇抜なバイオの1つ
C1シリーズから派生させて、カメラ機能をクローズアップしたマシンでした

発売:2002年4月~
分厚いけども、小型化をしたのモバイル用ノートパソコン
ゲーム機のようなコントローラーが特徴的

立ったまま、両手持ち操作を可能にしたモバイルノート

現在のタブレット的な使い方が出来、モバイラーからは注目の的でした♪

C1やタイプGTやタイプUは、今の時代こそ、お似合いのPCだと思う。
外出先で、インターネットへ高速回線で、常時接続の今だからこそ

ソニーは、いつも時代の10年先を行っていた(^_^;)
Youtube、ユーストリームなど動画コンテンツサイトが無い時代に発売されたのだから・・・

発売:2000年5月~
505シリーズとは別ラインナップで、登場

バイオカラーはそのままに
ジョグダイヤルと呼ぶ、円い回転式スイッチで、メニュー選択をが可能
メモリースティックスロットも内蔵

発売:2003年3月~
型式:PCG-​Z1/P

バイオに”Z”の冠がついたマシン

発売:2003年12月~

初代505を彷彿とさせるシリンダー形状の復活
更に薄く軽量化された美しいシルエットが特徴のお洒落ノートPC

薄さと軽さを最優先したため、速度性能はかなり犠牲になっていた

発売:2007年1月~
型式:VGN-UX91シリーズ

タイプUがスライド式に進化!

発売:2004年9月~
505 の後継?として発売
薄型、軽量のモバイルノート
この時期のバイオでは、一番最少サイズ

発売:2007年5月
505発売から10周年
505を彷彿とさせるシリンダーヒンジの復活
フルHDを搭載
バイオファンなら、ぜひとも手に入れたくなる一品でした

OS「Windows VISTA」+HDD「1.8インチ」だったので、速度性能はイマイチ

キーボード面が、ツルツルピカピカのピアノブラック
ピアノと同様に、磨かないと指紋、手油で汚れるほどの美しい光沢でした

VAIOの中で、”Z”がつく型番は、フラッグシップマシンを意味した

VAIO505をイメージしたカラーリング
数量限定で、発売された久しぶりのバイオカラーモデル
限定台数:505台

ソニーの直販サイト ソニースタイル(後のソニーストア)限定で販売された

この記念モデルは、瞬殺で完売となった模様
もっともバイオらしいカラーリング

発売:2009年1月~
C1シリーズの復活!
特徴的な横長画面はそのままに、お洒落なデザインとカラフルなカラーリング4色がラインナップ

薄く、スタイリッシュ、見た目がノートパソコンとは見えないお洒落さ

発売:2006年2月~
型式:Type SZシリーズ

タイプSのラインナップに”Z”の冠がある機種がしばらく発売された。

発売:2008年8月~
型式:Z90シリーズ

VAIOモバイルノートのフラッグシップとして、CPUなどスペックを最高性能まで、詰め込んだマシン

安いデスクトップマシンの性能を凌駕した

発売:2010年3月~
型式:VPCZ11シリーズ

モバイル最強をうたい文句に、タイプZ史上、贅沢限りを尽くしたオーダーメイドカスタマイズを可能にしたモンスターマシン

最高額は50万円越えの仕様にも

VPCZ11シリーズは、505のシリンダーヒンジ デザインを継承した最後のVAIOノートになった。

1 2





パンケーキマン です。NAVERまとめ に遂にデビューしました♪
パンケーキ&ホットケーキ ブログに加えて、ココでも、関西を中心に美味しいパンケーキ&ホットケーキ情報を発信しますよ!