1. まとめトップ

切らない脂肪吸引って本当?『キャビテーション』について

メスいらずの脂肪吸引といわれる最新の痩身機器【キャビテーション】に関するまとめです。

更新日: 2014年02月18日

osakanaya3さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 7360 view
お気に入り追加

キャビテーションとは?

流れている液体に圧力がかかる事で気泡が発生し、物体を破壊してしまう現象

この現象を応用したのでエステの痩身法、キャビテーションなんです。 キャビテーションから発生される超音波が、脂肪細胞を潰して中性脂肪にさせるのです。

キャビテーションの仕組みについて分かりやすく説明されています。

キャビテーションの仕組み

1.超音波で脂肪細胞を振動させ、細胞内に気泡を発生させる

通常エステで使われる超音波の周波は、1~3MHzと言われており、体の深部までは届きません。しかし、キャビテーションの周波数は18~40MHzもあり、脂肪層まで届くことが可能です。皮膚の下にある脂肪層にしっかり超音波を届け、その力で脂肪細胞を振動させることで細胞内に気泡を発生させます。

2.発生した気泡で脂肪細胞の細胞膜を破壊する

発生した気泡が膨張し、破裂する衝撃で脂肪細胞の膜を破壊します。細胞膜が敗れた脂肪細胞からは、蓄えていた中性脂肪が流れ出て細胞はつぶれます。これにより脂肪細胞を破壊します。

3.液状化した脂肪を対外へ排出

キャビテーションの機械でできるのは、脂肪細胞を破壊するところまで。固まって燃焼されにくくなっていた脂肪がドロドロに溶けた状態になっています。普通に活動するだけでも脂肪は燃焼されますが、水分をたくさん摂ったり、有酸素運動をして対外排出を助けてあげると高い効果が期待できます。

キャビテーションのメリット

1.痛みがない・安全

脂肪吸引は痛みがあったり、ダウンタイムで肉体的にも精神的にも辛い思いをする方もいます。痩身マッサージも痛いのを我慢してマッサージを受けた割りには期待したほど効果が少ないと思う方もいるのではないでしょうか。キャビテーションは、手術のようにメスは使いませんし、無理やりリンパを流すようなこともありません。

2.リバウンドしにくい

これまでの痩身マッサージや機器は、脂肪細胞を小さくして痩身効果を狙うものでした。しかしその分また脂肪細胞が肥大してしまうとリバウンドにつながります。キャビテーションなら脂肪細胞そのものを破壊するので、リバウンドしません。

3.自分でおとしにくいセルライトを除去してくれる

長年放置されたセルライトは、食事制限や運動をしてもなかなか落ちてくれません。キャビテーションは、固まってしまった脂肪に働きかけてくれるので、セルライトでぼこぼこになった体のラインも綺麗に整えてくれます。

4.即効性がある

キャビテーションでは、たった1回の施術でも、驚くほど施術部位が引き締まるのが実感できます。
週に1~2回の施術だけでも、高い効果が発揮されますので、たった一週間でも、ある程度の効果を感じることができるのです。

キャビテーションのデメリット

1.骨伝導

キャビテーションを受けて、人によっては一番気になるのは、施術中に頭に響く『キーン』という音ではないでしょうか。腰や下半身よりも、肩のほうに近づくと特に強く感じます。最初はびっくりしますが、慣れれば大丈夫!

キャビテーションは施術中にキーンという金属音のようなものが頭に響き渡ります。
人によっては施術が終了してからもこの音がしばらく耳に残っているという場合もありますが、超音波が骨に当たり振動を起こして状態なので、この音が聞こえるということは実は脂肪の破壊が上手くいっている証拠でもあります。

2.肝臓への負担増加

1 2





osakanaya3さん