1. まとめトップ
  2. カラダ

寝るとやせるってホント…?睡眠とダイエットの関係

女性とは切っても切れない関係であるダイエット。運動をしたり、食事制限をしたり毎日大変なものですよね。それでも痩せにくい方は、もしかしたら、意外な所に原因があるのかもしれません。それは「睡眠」です。睡眠とダイエットの関係についてまとめてみました^^

更新日: 2016年02月24日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1191 お気に入り 471398 view
お気に入り追加

「ダイエット」とは、女性の永遠のテーマです。

でも、継続することがなかなか難しい・・・。

ダイエットは、継続するのが本当に難しいものです・・・。

ダイエットが続かない原因としては、やはり「辛い」からというのが一番大きな原因

今度こそ痩せる!とダイエットを決心しても、3日坊主で終わってしまったり効果が出ずに諦めてしまったり、なかなか長続きしません

ダイエットを続けていても、何かのきっかけでやめてしまうというのはよくある話。しかし、そんなことをしているからダイエットができないというのもまた現実。

やせない理由は意外な所に!「しっかりと睡眠取れていますか?」

頑張っているのになかなか痩せない方は、意外な所に原因があるのかもしれません。
それは「睡眠」です。
毎日、質の良い睡眠を取っていますか?

睡眠時間をやせる時間に変えるには、質のいい睡眠を確保することが必須。眠りやすい環境にして、やせ体質へと導きましょう。

厳しい食事制限や激しい運動をしなくても、正しい睡眠をとっていれば自然と痩せサイクルに入ることができます。

ダイエットと睡眠の深い関係。

お肌の為や翌日のために、しっかりと睡眠をとる事は大切ですが、意外にもダイエットと睡眠にも深い繋がりがあるようです。
私達が寝ている時に分泌されるホルモンが関係していますので、しっかりと寝る事でダイエットに有効と言うわけです。

質のよい睡眠をとるだけで、体脂肪を分解するコルチゾールや、筋肉の合成を助ける成長ホルモンといった“やせホルモン”が分泌され、やせ体質に変わる

体が睡眠不足のストレス状態の時に分泌される「コルチゾール」というホルモンには、脂肪を溜め込む作用があります。それとは反対に、寝ている間に分泌されるのは成長ホルモン。この成長ホルモンにはお肌や細胞の疲れを修復しようと働くだけでなく、実は脂肪燃焼の作用があると言われている

私たちのカラダは正しい睡眠をとることができていれば、それだけで約300キロカロリー消費すると言われています。

睡眠ダイエットってどうやればいいのだろう・・・?

※「ただ寝てれば痩せる!」と言うわけではありません。そんな、睡眠ダイエットの方法とは・・・?

▼①ダイエットに理想の睡眠時間は、7時間前後。

7時間以上寝る人に比べると、4時間以下の睡眠の人では肥満率が73%も高くなるという研究結果もあり、睡眠時間も重要なポイント

7時間前後の睡眠時間を確保することが最適で痩せる体質を作るためには必要な睡眠時間

▼②日付が変わる頃には眠るようにしましょう。

成長ホルモンは夜10時から午前3時までの間が多く分泌されると言われています。
その成長ホルモンの分泌は入眠3時間で分泌され始めると言われていますので、遅くとも日付が変わる頃にはベッドに入っている事が望ましいようです。

午前0時~3時は睡眠のコアタイム

この時間帯は成長ホルモンが出て、脳や身体を修理することになっているからです。これは生体時計で決まっており、タイミングをはずすと脳も身体も上手に修理されません。

成長ホルモンは夜の10時から夜中の3時くらいまでが一番分泌されやすいので、このゴールデンタイムにしっかり眠ることが大切です。

効率よく成長ホルモンとコルチゾールを分泌させるためには深夜0時から6時に寝ることが重要

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう