1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

UKで注目の新人バンド「クリーン・バンディット」が色々と話題に!

UKが注目する期待の新人バンド「Clean Bandit (クリーン・バンディット)」 エレクトロ・ミクスチャー・ユニットのこのバンドのニューシングル「ラザー・ビー」が大ヒットしている!また日本が舞台となったこの曲のPVに出演している女性もネットで話題となっています。動画と共にまとめました。

更新日: 2014年02月10日

1307 お気に入り 359302 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rainshineさん

イギリスのバンド「クリーン・バンディット」

メンバー
ジャック・パターソン(ベース、サックス、デック、キーボード)
ルーク・パターソン(ドラム、たまにヴォーカル)
グレース・チャトー(チェロ)
ミランニールアミンスミス(バイオリン)

クリーン・バンディットは、ケンブリッジ大学で出会ったジャック、グレイス、ニールの3人に、ジャックの弟であるルークが加わり、2009年に結成。

ケンブリッジの暗くて狭いナイト・クラブで、クラシックとベース・ミュージックを融合させた音楽を演奏し、「今まで聞いた事の無い音楽」と話題に。

バンド名の「クリーンバンディット」はロシア語で「utter(全くの)」「complete bastard(ほんとにやな野郎)」を意味する言葉を英語に訳したところからとったとか。2012年に「A+E」でデビュー。

ニュー・シングル「ラザー・ビー」がヒット!

ニュー・シングル「ラザー・ビー」は、本国イギリスで1月19日にリリースされ、iTunes Store総合ソング・チャートをはじめ、イギリス国内のYouTube再生回数や人気チャート番組で軒並み1位を記録。全英シングル・チャートでも、2月1日付で見事1位に輝いた。

2月8日付全英シングル・チャートで2週連続1位獲得を決めたクリーン・バンディット「ラザー・ビー」。イギリス出身の4人組エレクトロ・ミクスチャー・ユニットの4曲目となるこの曲は、何度でも聴きたくなる軽快なラブソングに仕上がっている。

クリーン・バンディットの「ラザー・ビー」が、SpotifyでUK国内において1週間で109万回再生され、歴代1位「ゲット・ラッキー」の記録を塗り替えました!

なんとなくだけど、Clean BanditのRather Beってなんかゲーム音楽っぽいと感じた。山場とかでかかるとテンション上がりそう。シンプルなメロディの繰り返しって妙に中毒性あって好き。

この曲のPVは日本を舞台に撮影されたのだ

今回彼らが「ラザー・ビー」のミュージック・ビデオの舞台に選んだのは、日本。2013年夏にメンバーが来日し、ジャックも自らカメラを持ち、早朝から築地や渋谷などで撮影が行われた。

クリーン・バンディットはSNSで「日本でミュージック・ビデオの撮影に参加したい人!?」と呼びかけ、主人公が東京の街を駆け抜けるミュージック・ビデオが完成した。

このPVに出演している女性も話題に!

Youtubeのコメント欄では、曲への感想とともに、「主人公の女の子が美しすぎる!」と話題になっている。不思議な雰囲気と透明感のある彼女の存在は、PVの中でもサウンドとマッチしており、ネットユーザーたちが注目している。 Youtubeには、下記のようなコメントが寄せられている。

・このPVに出演している女の子は誰?誰か名前を教えて!
・最初、この日本人の女の子がヴォーカルかと思ったわ。なんてセクシーで美しい子なのって!
・彼女になってくれないかな!

主演は女優の「安部春香」さん

拠点はロンドンで、映画「47RONIN」やイギリスのドラマ、ショートフィルム作品などに出演経験があるようだ。

彼女の経歴は、「東京練馬に生まれ、ニューヨーク、ロンドンで幼少時代を過ごし、日本へ。その後中学、高校時代を日本で過ごしたのち、18歳で俳優を本気で目指すためにロンドンへ留学し今に至る」だという。

彼女のフェイスブックページでは、ファンからの書き込みに対して、丁寧に返信している。ラザー・ビー」が1位を獲得したことについて、「あなたがPVの中で良い演技をしたからだ!」というコメントも。対して、「私はただ雇われの俳優として出演しただけよ!でも本当に嬉しい、ありがとう!」という謙虚な姿勢を見せた。

どちらの活躍にもこれからも期待!

今回のPVの影響で、イギリスで有名な日本人の一人になりつつある彼女の今後の行方が楽しみだ。是非日本のテレビで活躍する姿も見てみたいところである。

Clean Bandit

クリーン・バンディット「A・アンド・E」

1 2