1. まとめトップ
  2. カラダ

今感じているその疲れ、もしかすると「脳疲労」かもしれません

脳疲労という言葉をご存知ですか?24時間休む事なく働き続けている脳も疲れるのです。脳が疲れると、頭がボーっとしたりするほか、最悪、脳の病気に発展する事も。ビタミンB1、カルシウム、アミノ酸、ビタミンC、糖分などを上手に摂取する事で、脳の疲労をやわらげてあげましょう。

更新日: 2014年07月10日

844 お気に入り 439634 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■忙しい毎日の中で感じる疲れ

あー。今日の疲れかな? めっちゃ頭痛い。 明日最後やから持ちこたえてくれ。

眠たいー。疲れたー。最近疲れがとれなくて困る。運転中とか、ぼーっとしてることがあって、ヒヤリとすることが多々(・・;)何をするにも億劫。うーん、睡眠が足りないのか?

疲れすぎてこの1時間ぼーっとPCの画面見てたw

■その疲れ、もしかして「脳疲労」かも

ストレスの原因は様々ですが、その中のひとつに脳の疲労があります

疲労というと筋肉など体のイメージが強いですが、実は脳も疲労します

■脳疲労とは

脳疲労とは外部からの情報過多により、大脳新皮質と大脳旧皮質の関係性が破綻し、脳が正常な機能を果たせなくなった状態をいいます

「疲労」ときくと、筋肉など身体的なものをイメージしますが、実は脳はその活動の複雑さゆえ、大変疲労する器官なのです

脳は内臓の中でもっともエネルギーの消費が高く、からだ全体の20%を占めています

■脳疲労の症状

脳が本当に疲れきってしまった時には、身体が疲れているときとは何かちがう異常があらわれます

思考がはっきりしなくなったり頭痛がしたりするようになります

これまで興味のあった事にも興味を示さなくなったり、本を読むことも新聞を読むことも苦痛になってきます

脳の機能が低下することで自律神経のバランスが乱れ、体調を正常に保つことができなくなるために起こってしまう

さらに無理な負担をかけたりするとストレスが限度を超え様々な精神症状を引き起こすこととなります

認知症、アルツハイマー、脳内出血、脳溢血などになる恐れがあります

■原因

私たちの脳は情報量に追いつくことが出来ずひずみが生じ、脳疲労へとつながっているといわれています

通信技術の進化は人に便利な生活をもたらしましたが、私達が膨大な情報にさらされる原因となり、脳にストレスを与え続けています

生物が本来持っている「~したい!」という欲求を抑えこむということも脳疲労の原因になります

1 2