同庁によると、暴力行為は2013年8〜9月、特別救助隊員やハイパーレスキュー隊員を養成する特別救助研修の訓練中にあった。態度がたるんでいることなどを理由に、19〜32歳の研修生52人の大半が平手打ちを受けたという。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

東京消防庁で教官が体罰 命張る人命救助 消防・警察に体罰は必要悪か?※更新・石川県/長野県でも発覚

人命救助の前線で活動する警察、消防、自衛隊。彼らは日々厳しい訓練を積んでいる。ミスは死を意味する。一人のミスがさらに被害を大きくする事も。その命を扱う過酷な職業の訓練でも体罰はいけないのか。体罰と指導の違いとは?東京消防庁、石川県羽咋郡市広域圏事務組合消防本部、長崎県佐世保市消防局

このまとめを見る