採用の訓練中の新人消防士に1万回の腕立て伏せなどのしごきをしたとして、千葉県松戸市消防局は1日、幹部ら11人を減給などの処分にしたと発表した。

出典News×News : 松戸市消防局で腕立て伏せ1万回など常軌を逸するしごき、新人消防士の半数退職

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

東京消防庁で教官が体罰 命張る人命救助 消防・警察に体罰は必要悪か?※更新・石川県/長野県でも発覚

人命救助の前線で活動する警察、消防、自衛隊。彼らは日々厳しい訓練を積んでいる。ミスは死を意味する。一人のミスがさらに被害を大きくする事も。その命を扱う過酷な職業の訓練でも体罰はいけないのか。体罰と指導の違いとは?東京消防庁、石川県羽咋郡市広域圏事務組合消防本部、長崎県佐世保市消防局

このまとめを見る