長崎県佐世保市消防局は20日、部下にパワーハラスメント行為を繰り返したとして、中央消防署の50代の男性消防士長を停職1カ月の懲戒処分にした。部下の20代男性は昨年10月、市内の山中で首つり自殺している。

 消防局によると、消防士長は平成24年9月ごろから約1年間、訓練中に男性の頭を殴ったり「ばか」とののしったりしたほか、仮眠中にも無理やり起こすなどパワハラを繰り返した。

 男性の自殺後、消防士長を名指しした遺書のようなメモを男性の家族が見つけて発覚した。消防士長は消防局の調査に「指導の一環でパワハラという認識はなかったが、今は反省している」と話しているという。

出典パワハラで消防士長停職 被害の部下自殺 長崎・佐世保市消防局 - MSN産経ニュース

パワハラ、体罰で処分される時、毎回それは指導の一環だったという。しかしそれが誤認識だったので問題に発展した。誤認識だらけの指導がまかり通っている。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

東京消防庁で教官が体罰 命張る人命救助 消防・警察に体罰は必要悪か?※更新・石川県/長野県でも発覚

人命救助の前線で活動する警察、消防、自衛隊。彼らは日々厳しい訓練を積んでいる。ミスは死を意味する。一人のミスがさらに被害を大きくする事も。その命を扱う過酷な職業の訓練でも体罰はいけないのか。体罰と指導の違いとは?東京消防庁、石川県羽咋郡市広域圏事務組合消防本部、長崎県佐世保市消防局

このまとめを見る