別名:イサラミリの戦法

対ライトセーバー戦に特化したフォームです。
(1)のシャイ=チョーではライトセーバー同士の戦いに対応しきれなくなったために編み出されました。
特徴としては剣術に重点を置いており、剣捌きの精度は数ある型の中でも最高レベルです。

マカーシの使い手はシスが多いです。
その理由として、ジェダイはシスが表舞台から姿を消して以降、ライトセーバーを使って戦うような敵がほとんど存在しなかったため(ドロイドばかり)、この剣術は戦略上の価値(実戦で使用する機会)を失い、ジェダイたちはマカーシよりも実践的なフォームの習得に焦点を当てたからです。

逆に、シスは常にライトセーバーを使いこなすジェダイとの戦闘を想定しているので、このフォームを集中的に訓練しています。
ちなみにドゥークー伯爵のライトセーバーは、スナップを利かせやすい湾曲した独特の形状をしており、マカーシの攻撃性・変則性を助長しています。
(主な使用者:ドゥークー伯爵)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【豆知識】知ってた?スターウォーズ、ライトセーバーの7パターンの型

エピソード7 フォースの覚醒 公開決定カイロ・レン、ハン・ソロ、レイ、スノーク、フィン、ポー・ダメロン、BB-8、ルーク・スカイウォーカー、ファーストオーダー、レジスタンス、レン騎士団、キーラ、

このまとめを見る