オウム真理教の教団拠点があった「富士ケ嶺」(旧上九一色村)を中心として点在していた。旧上九一色村だけでなく鳴沢村や静岡県富士宮市などにも存在した。

富士ケ嶺周辺は最盛期ではサティアンやその他倉庫群、プレハブなどが30棟以上点在しており、事実上の拠点であった。[1] 麻原の逮捕以降、1996年までにサリンプラントがあった第7サティアンを除く全てのサティアンが閉鎖され、取り壊された。また第7サティアンは化学兵器禁止機関の査察対象となったため、1998年9月まで残っていた。「サティアン」の名前はのちに、オウム真理教の経営する店(サティアンショップ)に用いられた。逮捕されるまで、麻原本人は第6サティアンの隠し部屋で生活していた。

出典サティアン - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

オウム真理教とは何だったのか

世界を震撼とさせたオウム真理教の活動。一体オウムは何をしたかったのかということについてまとめました。

このまとめを見る