1. まとめトップ
  2. ガールズ

嗅ぐだけでキレイになれる!女性らしさをアップさせる香りって?

年齢を重ねると、肌のハリと潤いを保ったり、美しい髪を生み出したりするための、美しさを保つ努力が必要になってきます。「ある香りを嗅ぐだけ」で女性らしさをアップさせるという手軽な方法があるのをご存知ですか?

更新日: 2014年02月15日

578 お気に入り 59090 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

malmalteseさん

普段何気なくつけている香水ですが、女性のキレイを保つのに欠かせないホルモンの分泌を促進する香りがあるんです。

美に欠かせない女性ホルモンの働き

「女性ホルモン」は、女性の丸みを帯びた体型やキメ細かい美しい肌などのいわゆる「女性らしさ」を司っているホルモンです。

エストロゲンは特に女性にとって大切なホルモンなのです。

胸を大きくしたり、女性らしい美肌にしたり、月経の周期に関わったり、妊娠、出産にも影響する大切な女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」。このホルモンが不足すると女性らしさが失われてしまいます。

エストロゲンは若いときは分泌されていて特にホルモンバランスに支障はないのですが、加齢とともにエストロゲンの分泌が減少して分泌が不足する

エストロゲンが不足すると・・・
・更年期症状(ほてり、頭痛、めまい、うつ状態など)
・体重の増加(コレステロールが体内に溜まりやすくなる)
・骨粗鬆症(骨に含まれるカルシウム量の低下)

40歳を迎えるころから卵巣機能が低下し始めて分泌量が減少。更年期になると初潮以前にまで分泌量が減り、閉経後はさらに減少します。

若さや美しさを保つためには、意識してこのエストロゲンを増やす努力をしなければなりません。

ある香りがホルモンの分泌を促進することが分かった。

香りは脳の「考える」部分を通さず「感じる」部分(大脳辺縁系という場所)に一瞬で伝わります。

また、そこから視床下部という身体の生理機能をコントロールする部分へ伝わり自律神経、免疫系、ホルモン系の働きのバランスをとることで心身へ影響をあたえるといわれています。

「アンブレット・シード」のオイルの香りを嗅ぐと、「エストロゲン」の分泌が嗅ぐ前に比べて上昇していることを確認することができました。

唯一アンブレットシードオイルだけが、120~150%のホルモン量増加が確認されました。

調査対象に選ばれたのは、レモンやラベンダー、ローズ、イランイラン、サンダルウッド、アンブレットシードオイルですが、他のオイルには効果はありませんでした。

「アンブレット・シード」のオイルの香りによって、女性ホルモンが本来持っている皮膚の老化防止や更年期障害の改善効果などが期待できます。

40~50代の女性であっても同じように女性ホルモン増加効果を示しますが、20~50代の男性では効果はありません。

男女差が生じる理由については、まだ解明されていませんが、更年期の女性にとって、アンブレットシードオイルは有益性が示されています。

アンブレット・シードオイルの香りを嗅ぐ前後の唾液中のエストロゲン濃度測定値

アンブレット・シードとは?

インドが原産です。インドネシア、アフリカ、エジプト、中国、マダガスカル、西インド諸島など、熱帯地域で栽培。蒸留はヨーロッパおよびアメリカで行われています。

「ムスク」の香りに似ています。アロマオイルや化粧品、香水などに使われています。

豊潤で甘い、花とジャコウを合わせたのような、オリエンタルな持続性のある香りです。

どうやって使うの?

①香水

スプレーボトルに水をいれ、そこに数滴アロマオイルをたらして軽く振って混ぜます。

枕やカーテンなどのファブリックにかけて使うのもおすすめ。

ローズ、ネロリ、サンダルウッド(白檀)、クラリセージ、サイプレス、パチュリーなど

上記は、アンブレットシードと相性の良いエッセンシャルオイル(精油)です。

②入浴剤

精油だけを入れる方法がもっとも手軽なアロマバスですが、種類によってはお肌に刺激になることがあります。そこで、あらかじめキャリアオイルと混ぜて「バスオイル」を作っておきます。

キャリアオイルとは植物油のこと。代表的なものとしては「ホホバオイル」「スィートアーモンドオイル」「オリーブオイル」など。

バスオイルのレシピ(1回分)
キャリアオイル5ml
精油1~5滴
上記材料をバスタブに入れ、混ぜればできあがり。

③マッサージオイル

アロマオイル(精油)の原液を直接お肌につけることは出来ません。 ホホバオイルなどのキャリアオイル(植物油)で、必ず1%以下に希釈します。

例えば、キャリアオイルの量10mlに対してアロマオイル2滴、20mlなら4滴が適量です。

1 2