カントン包茎は包皮を剥いて亀頭を露出させることができますが(包皮口が狭いため剥けない場合もある)、剥くときに痛みを伴ったり、剥けても包皮口が狭くて亀頭にひっかかってしまい包皮を戻せなくなってしまい、そのまま包皮を戻さないでいると亀頭が締めつけられ、包皮が腫れ上がり、その状態が続くと最悪の場合、亀頭(陰茎)が鬱血(血液の流れが悪くなる)して壊死(えし)してしまうこともある包茎のことです。

出典カントン包茎とは

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

知ってるようで、意外と知らない包茎の基礎知識

日本では包茎について性教育を受けることが少ない。そのため、曖昧な知識で包茎を認識している人が多いと思われています。そこで、知っているようで意外と知らない包茎のことを解説します。

このまとめを見る