1. まとめトップ

プレスティッジのジョン・コルトレーンを整理する

ジョン・コルトレーンのプレスティッジの作品は、数が多く複雑なので、わかりやすく整理してみました。

更新日: 2014年02月21日

tsrpchさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 3890 view
お気に入り追加

Prestige albums

Bahia
The Believer
Black Pearls
The Cats
Cattin' with Coltrane and Quinichette
Coltrane
Dakar
Interplay
John Coltrane with the Red Garland Trio
Kenny Burrell and John Coltrane
The Last Trane
Lush Life
Settin' the Pace
Soultrane
Standard Coltrane
Stardust
Tenor Conclave
Two Tenors
Wheelin' and Dealin'

本稿は、まず各アルバムの概要を紹介し、つぎに各セッションの内容を紹介して、それからセッションとアルバムとの関係を確認する、というまとめです。

上記の一覧の内、"The Cats"・"Cattin' with Coltrane and Quinichette"・"Interplay"・"Kenny Burrell and John Coltrane"・"Tenor Conclave"・" Two Tenors"・"Wheelin' and Dealin'" は、コルトレーンのリーダー作とはいえないので、本稿では扱わないこととします。

リーダー作だけでみると、12のアルバムがリリースされています。

●● まず、各アルバムをリリース年の順に紹介します。

● 1957年

"Coltrane" (Prestige 7105)

1. Bakai [8:44]
2. Violet in Your Furs [6:18]
3. Time Was [7:31]
4. Straight Street [6:21]
5. While My Lady Sleeps [4:44]
6. Chronic Blues [8:12]

57年5月31日〔←録音日 ↓そのメンバー〕
John Coltrane (ts)
Johnnie Splawn (tp)
Sahib Shihab (bs)
Red Garland (p [#1, 2, 3])
Mal Waldron (p [#4, 5, 6])
Paul Chambers (b)
Albert Heath (ds)

レッド・ガーランド・トリオと組んだカルテット。このメンバーがプレスティッジのコルトレーンでは基本となる。

後に"Traneing In"のタイトルが与えられ、ジャケットを一新して再発売された(画像は再発盤のもの)。

"John Coltrane with the Red Garland Trio" (Prestige 7123)

1. Traieing In [12:34]
2. Slow Dance [5:28]
3. Bass Blues [7:48]
4. You Leave Me Breathness [7:25]
5. Soft Lights and Sweet Music [4:41]

57年8月23日
John Coltrane (ts)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)

● 1958年

”シーツ・オブ・サウンド”の演奏スタイルを完成させた金字塔。名盤との誉れが高い。

"Soultrane" (Prestige 7142)

1. Good Bait [12:08]
2. I Want to Talk About You [10:53]
3. I Say You Care [6:16]
4. Theme for Ernie [4:57]
5. Russian Lullaby [5:33]

58年2月7日
John Coltrane (ts)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)

決して器用とはいえないコルトレーンが、セロニアス・モンクの元で修行した結果、自信を持ってフレージングを構築できるようになった記念碑的アルバム。空間を音で埋め尽くすことから「シーツ・オブ・サウンド」と呼ばれた演奏の典型例が《ロシアの子守唄》だ。何にしろ、こんな猛スピードで吹きまくられるようになったのだから、これは進歩だ。

出典後藤雅洋 著: 一生モノのジャズ名盤500 (小学館101新書)

On this day in 1959, Coltrane recorded #Soultrane at Rudy Van Gelder's studio in Hackensack. 5 Stars from @DownBeatMag in that year's review

ダウンビート年間レビューで5つ星を獲得。

● 1961年

3度のセッションからの寄せ集めによるアルバム。

コルトレーンが契約を満了してからリリースされたアルバム群の最初の盤。

A面にあたる[1, 2, 3]は、珍しいピアノレストリオ。

"Lush Life" (Prestige 7188)

1. Like Someone in Love [5:00]
2. I Love You [5:33]
3. Trane's Slow Blues [6:05]
4. Lush Life [14:00]
5. I Hear a Rhapsody [6:01]

[#1, 2, 3] 57年8月16日
John Coltrane (ts)
Earl May (b)
Art Taylor (ds)

[#4] 58年1月10日
John Coltrane (ts)
Donald Byrd (tp)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Louis Hayes (ds)

[#5] 57年5月31日
John Coltrane (ts)
Donald Byrd (tp)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Albert Heath (ds)

傑作アルバム"Soultrane"の翌月、同メンバーで収録。

マイルス時代にボツになった「リトル・メロネー」をここで再演。

"Settin' the Pace" (Prestige 7213)

1. I See Your Face Before Me [9:59]
2. If There Is Someone Lovelier Than You [9:22]
3. Little Melonae [14:05]
4. Rise 'n' Shine [7:16]

58年3月26日
John Coltrane (ts)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)

● 1962年

ウィルバー・ハーデンの牧歌的なフリューゲル・ホーンを添えた、穏やかなスタンダード集。

"Standard Coltrane" (Prestige 7243)

1. Don't Take Your Love from Me [6:55]
2. I'll Get By [10:22]
3. Spring Is Here [9:17]
4. Invitation [8:12]

58年7月11日
John Coltrane (ts)
Wilbur Hardden (tp, flugelhorn)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)

● 1963年

前作と同じく、ムーディーな一枚。

"Stardust" (Prestige 7268)

1. Stardust [10:44]
2. Time After Time [7:45]
3. Love Thy Neighbor [9:21]
4. Then I'll Be Tired of You [9:27]

[#1, 3] 58年7月11日
John Coltrane (ts)
Wilber Harden (flugelhorn [#1], tp [#3])
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)

[#2, 4] 58年12月26日
John Coltrane (ts)
Freddie Hubbard (tp [4])
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)

一見、コルトレーンのリーダー作だが、実は内容は過去に2本のバリトンサックスをフィーチャーした企画盤としてリリースされていたもので、元の名義はセシル・ペインとペッパー・アダムスの両名であった。

コルトレーンの人気が高まったため、焼き直しでリリースされたのが、この"Dakar"である。

"Dakar" (Prestige 7280)

1. Dakar
2. Mary's Blues
3. Route 4
4. Velvet Scene
5. Witches Pit
6. Cat Walk

57年4月20日
John Coltrane (ts)
Cecil Payne (bs)
Pepper Adams (bs)
Mal Waldron (p)
Doug Watkins (b)
Art Taylor (ds)

● 1964年

3曲30分と短いながら、ハード・バップ色の濃い快演。

ドナルド・バードのハツラツとしたプレイが光る [1, 2] 。

[3] のバラードは後半にフレディ・ハバードが登場する。

"The Believer" (Prestige 7292)

1. The Believer [13:51]
2. Nakatini Serenade [11:05]
3. Do I Love You Because You're Beautiful [5:14]

[#1, 2] 58年1月10日
John Coltrane (ts)
Donald Byrd (tp)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Louis Haynes (ds)

[#3] 58年12月26日
John Coltrane (ts)
Freddie Hubbard (tp)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)

1 2





tsrpchさん