1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

遂に閉館...。数々の文化人をも虜にした「バウスシアター」の魅力

吉祥寺の映画館「バウスシアター」が、その長い歴史の幕を下ろすこととなりました。多くの文化人に愛されたその魅力を、改めてまとめてみました。 #ラストバウス

更新日: 2014年02月13日

122 お気に入り 31842 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

niepasさん

30年の歴史に幕!今年5月末にバウスシアターが閉館

一報を聞いた著名人からも閉館を惜しむ声があがる

え…?RT @CINRANET: 吉祥寺バウスシアターが5月末で閉館、『爆音映画祭』など有終飾るイベント開催 cinra.net/news/20140212-… pic.twitter.com/tc5FmO8vvi

『モテキ』などの作品で知られる映画監督

ショック。バウスシアター5月で閉館。サビシイなぁ。ここでは映画を観ただけじゃなくて、自分ちょこっと出た映画が上映されたり、ここで演奏したり、対談したりしたからなぁ。吉祥寺もどんどんつまんなくなる。

『孤独のグルメ』などで知られる漫画家

吉祥寺で育ってバウスで映画を見続けてきたから『ライブテープ』を上映出来た時は嬉しかったし、『フラッシュバックメモリーズ』で爆音に参加したことはガッツポーズだった。いつかはこういう日が来ることは分かっていたけど、早すぎです。『音楽』が間に合わなかったことが本当に悔しい。

ドキュメンタリー監督

なに!? バウスシアター閉館!?!? やーん

『アクアノートの休日』などで知られるゲーム作家

ハッシュタグも生まれ、惜しむ声が続々届けられる

閉館なんて本当に悲しい。俺の青春です。爆音プライベートライアンが最強でした。 #ラストバウス

2011年の爆音映画祭は思い出深い。中でも爆音AKIRA、クライマックスの一大崩壊シーンはどうしても震災のことが頭に浮かんで涙があふれてしまった #ラストバウス

バウスシアター閉館するのか。今でもはっきり思い出すのは町田町蔵のライブ。あんなひきつった動きする歌い手はどこにもいないと思った。その後となりのファミレスに入って、名前を書こうとしたら、前の客が「犬田犬蔵」と書いていた。「先を越された」と思った…  #ラストバウス

学生時代によくジャン=リュック・ゴダールやフェデリコ・フェリーニの映画を観に行きました。ある日、隣りに素敵な女学生がひとりで映画を観に来ていて、ドキドキしながら思い切って声をかけたのはいい思い出です。ちなみにその女学生が今の妻です。ありがとう、バウスシアター。 #ラストバウス

そういえば、上京して初めて訪れた映画館は吉祥寺バウスシアターだったかも。何もよく分からない状態で牧野貴×ジムオルークの即興ノイズの回に遭遇して、胸が一杯になったの、とっても懐かしくて感慨深い。#ラストバウス

色々と攻めた企画で愛された映画館だった

1984年3月にオープンした同館は、これまでメジャー作品からインディーズ作品までさまざまな映画を上映してきた。

映画の枠にとどまらず、音楽や演劇、落語など、様々なジャンルを横断する個性的なプログラムが開催されてきた

バウスシアターを代表する名企画「爆音映画祭」

2008年からは音楽ライブ用の音響セッティングを駆使し大音響の中で映画を楽しむイベント・爆音映画祭が開催されてきた。

一般劇場上映では聴くことの出来ない迫力と、その爆音によって 視覚までもが変容して映画そのものも違って見えるトリップ感覚、 そしてまた、大音響でなければ聞こえてこない幽かな音を聴くという、 大胆かつ繊細な上映となります。

今でこそ日本全国に広まった爆音上映ですが、バウスに戻って爆音上映をするたびに、「ああ、ここから爆音が始まったのだ、この音はほかのどこでも出せない」と実感する、そんな唯一無二の爆音のホームタウンがバウスシアターという場所でした。

4/26~6/10まで、すべてを出し切るイヴェントが開催!

最後の日々、4月26日より5月31日の閉館日までの約5週間、爆音をはじめとするこれまでバウスが生み出し、育ててきた様々なイヴェントや上映で、その最後を飾ろうと思います。

バウスで映画を観て人生を踏み外したり踏み外さなかったりしたかつての観客の皆様、現在バウスに熱心に通い新たな人生を獲得しつつある現役の皆様、そして、これからバウスに通って思わぬ人生の一歩を踏み出すかもしれなかった将来の観客の皆様、この機会に是非バウスを訪れてみてください。

会期前半の昼をメインに、バウス縁の映画や吉祥寺を舞台にした映画を中心に映画によるバウスの30年を振り返るイヴェント

1 2