1. まとめトップ

1人暮らしに最適♪ ビーフンを使った家庭料理レシピ

ビーフンは、お米を原料にして作られているので、日本人の口にも良くあいます。お米が原料になっているので、パスタなどよりもアレルギーを起こしにくいという特徴があります。1人暮らしでお米を炊くのが面倒になった時には、ビーフンを買ってきて調理してみるのが良いでしょう。

更新日: 2014年02月16日

34 お気に入り 16629 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

便利に使えるビーフン

ビーフンは、お米を材料にしているので、どんな味付けにも良く似合います。野菜を沢山入れることもできますし、海老を入れると見た目が非常に良くなります。

ビーフンは、お米を原料にしているので、日本人にとってみるとアレルギーを起こしにくいという特徴があります。

*最近の外国製ビーフンには、少量の小麦が混ぜられている事があり、小麦アレルギーを持っている人は、外国製ビーフンを控えた方がいいです。

ビーフンは米粉100%で余計な添加物や卵なども入っていないのがGOODです。ちなみに、先生がおすすめだと言っていたのは、台湾の新竹ビーフン。

家庭で出来るビーフン料理

サラダにビーフンを使った料理です。ビーフンを刻む事で食べやすくして、キャベツ・ニンジンなどを入れて色を付けておいしく仕上げています。調味料として、マヨネーズ、ポン酢、醤油、すりごまなどを使っています。

乾燥ビーフンを上手に使う方法として、あんかけ揚げにしていて、特徴があるレシピになっています。基本のあんかけとして片栗粉を使って、お酒とこしょうで味付けをしていて、バランス良く栄養価も高く仕上がっています。

主な材料として、ビーフン、豚バラ肉、海老、しめじ、青ネギなど手に入りやすい材料を混ぜ込んでいます。味付けとしては、醤油をベースにして、隠し味に黒砂糖を使ってバランスを出しています。

春雨は、見た目がビーフンに似ていますが、じゃがいもやサツマイモを使っているので、味が異なっています人参、たまねぎ、キャベツ、ニラなどを入れて、炒めると野菜が沢山摂取できてとても健康的です。醤油、砂糖、お酒など好みの調味料で簡単に味付けできます。

沢山の野菜を美味しく食べたいという時に使えるレシピです。人参、ピーマン、しめじ、ベーコン、玉葱を入れて、塩だけで簡単に味付けしています。ベーコンの塩味が効いてくるので簡単に味付けできちゃいます。

ビーフンに片栗粉を含めてあんかけ風にすると、ビーフンがとても食べやすくなります。あんかけには、シャキシャキした白菜が良くあいます。また、海老を少し入れるだけで高級感を得る事もできます。

ビーフン料理は本当に簡単で、このレシピでもミンチ、
白菜、にんじん、しいたけを入れて醤油で味付けをしています。中華スープのもとを隠し味として入れています。

糸こんにゃくを使って焼きビーフン風にしています。実際にビーフンを使っておらず、糸こんにゃくで代用しています。こんにゃくは、美容にも良いとされていて、
ニンジンと細切たけのこでシャキシャキ感を出しています。

こちらも定番のベーコンとにんじんを使っています。少し苦めの味がでるニラを使って変化をもたせているレシピです。また、少量のにんにくも入れています。

肉も野菜も沢山入れて、健康に良い焼きビーフンです。豚挽肉、ピーマン、たまねぎ、にんじん、しいたけ、
にんにく、生姜を入れて、本当に種類が豊富な野菜炒めになっています。

1