1992年5月に国立音楽大学のピアノ科講師で高校時代に1学年上だったピアニストの石塚由紀子とは音楽教材の仕事をともにするようになり、やがて3度目の結婚。石塚は2000年に著作『風船おじさんの調律』(未來社・ISBN 4624501292)を出版した。

2003年6月に、継子の石塚富美子がバイオリン奏者「fumiko」としてデビューした。2004年にはNHKのドラマ『火消し屋小町』で女優としてもデビューした。

石塚にはfumikoの他に娘2人がおり、1994年に母娘4人でファミローザ・ハーモニーというクラシック音楽を中心にした音楽グループを結成し、ディナーショーを開催したり、日本国外でも活動した。なお、娘3人は石塚の前夫との間の娘であり、鈴木との血縁関係はない。先妻との間には実子をもうけている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%98%89%E5%92%8C

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

風船おじさんは何処に行った?【ファンタジー号事件】

風船おじさんこと鈴木 嘉和(すずき よしかず、1940年 - 1992年11月消息不明)は、風船おじさんとして知られたピアノ調律師。自称冒険者。

このまとめを見る