1. まとめトップ
  2. カラダ

顔や体のゆがみ、コリの原因に...筋膜のねじれが恐ろしい

なかなか良くならない肩こり、その原因は筋膜のねじれによるものかもしれません。筋膜のねじれは顔や体をゆがませる原因にもなるので、筋膜ストレッチで体のコリやゆがみを解消しましょう

更新日: 2014年02月15日

790 お気に入り 184413 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

comcommさん

◆筋膜とは

筋膜とは、頭のてっぺんから足のつま先まで覆っているネット状の線維

筋膜というのは、全身の筋肉、筋繊維、内臓など、あらゆる組織を覆っている膜のことです。

一番分かりやすい例だと、鶏肉をさばくときなどに、お肉の外側に付いている薄い膜。あれも筋膜です。

筋膜は、筋肉を包んでいる弾力性のある薄い膜で、筋肉の繊維の束がバラバラにならないように包みこんでいます。

筋膜がそれぞれの筋肉を束ねているおかげで、筋肉が重なり合っているところでもそれぞれの筋肉がスムーズに働くことができます。

筋膜は骨、内臓器官、血管、神経など身体のあらゆる構成要素を包み込み、それぞれの場所に適正に位置するよう支えています。

◆筋膜のねじれがコリの原因に

筋膜は全身でつながっているので、一部にでたゆがみが影響しあい、コリや痛み、しびれなどの原因になる

筋膜がよじれてしまうと、弾力性が奪われ、それに伴って筋肉の動きも悪くなり、かたくなります。これがミルフィーユ状になると、なかなかこりが解消しません。

表層筋から深層筋までのこりが重なった状態を通称「ミルフィーユこり」と呼びます。

ストレスでいつも体を硬くしている、などの負担がかかると、この筋膜が癒着を起こし、コリ・ハリとなると同時に、痛みや重さなどが生じるようになる

◆筋膜のねじれは顔や体をゆがませる

顔と頭部の歪みと身体の歪みが、筋肉と筋膜の緊張の連鎖で影響する

筋肉のアンバランスな緊張は筋膜を通して、頭や顔の歪みの原因になってしまいます。

筋肉は普通、骨についていますが、表情筋は皮膚についていたり、筋膜についていたり、粘膜についていたりします。

◆他にも様々な弊害が

筋肉が思うように収縮しなくなって筋肉が動きづらい、つまり動作が鈍くなる

筋肉が動くことによって代謝が活発になったり、足を引き締めいていくことができるから筋肉が効率よく動かないのは足痩せにもかかわってくる

筋肉を包む筋膜が弱れば、筋繊維の結合がゆるみ、代謝が悪くなって肥満や冷え性の原因ともなりかねません。

からだの代謝も悪くなるので疲れが取れずに、一晩寝たのに疲れが抜けないといった状態になってしまいます。

◆筋膜がねじれる原因

長時間の同じ姿勢、使い過ぎ、疲労、冷え、ケガ、病気、精神的ストレスなどにより、身体を支えている筋膜に緊張やこわばり、縮みや癒着が引き起こされます。

◆コリやゆがみを解消する筋膜マッサージ

鎖骨の上下のくぼみを押さえて肩を上下させたり、くるくる回したり。胸部一帯の筋膜がほぐれることで、肩スッキリ。手先のしびれにも効く。

親指以外の4本の指をそろえて、まず鎖骨の下のくぼみに当てる。鎖骨の下を押したまま、肩を上下させる。押す場所は鎖骨に沿って3カ所ほど移動させ、それぞれで肩の上下運動を行う。目安は1カ所10回ずつ。鎖骨の下を押したまま、今度は肩をぐるりと回す。これも2と同様、押す場所を3カ所ほど移動させ、各10回ずつ行う。

①手の平で、鎖骨の下の辺りの皮を、下に向けて引っ張るように押さえる
②①をキープしたまま、顎を上に(頭をそらせる)
③そのまま90秒以上キープ
④顎を左右に動かし、違う方向へもリリース

1 2