1. まとめトップ

【今や幼児にDSは普通?】子供にゲームを買い与える時期と影響について

できればゲームなんてしないで、外で元気に遊んでほしい。でも、周りの子がみんな持っていて、うちの子だけ話題についていけないんじゃ可哀相。いずれは買う日が来るとは思っていたけど、まだ早いんじゃないか。そんな風にお悩みの親御さんも多いんじゃないでしょうか?

更新日: 2014年02月26日

5 お気に入り 184144 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

4歳と2歳の男児二人の20代後半の母です
長男年中児の幼稚園のお友達の仲に数人ですが、
ゲーム(DS,やTVゲーム)の話がもう出る事があります。
正直ビックリしてます。

私自身そういうものを与える事にすごく抵抗があるので、
せめて高学年までは我慢をさせたいと思ってます。(それこそ希望は子供のうちはいつまでも与えたくありません)

今までは特に明確な理由もなく「悪影響があるのでは」と頑なにゲーム機を買うことを拒否していましたが、息子が友達との会話についていけないと聞くと、かわいそうと思い買わなければと思うようになりました。

今度小学校に入学する息子がいます。
私と主人は四六時中場所を問わずDSで遊んでいる子供の姿を見るのが苦手です。我が子はそのようになって欲しくないと思っています。
しかし持っていない子を探すのが難しいレベルで、息子もたまーにですが「いいな~」と言っています。

▽ゲームが子供に与える影響

テレビゲームをしたから病気になるとか、脳が壊れるとか、そういうことはありません。
『ゲーム脳』『脳内汚染』などと言われるデマが流行ったこともありましたが、あれは矛盾に矛盾を重ねただけのニセ科学と呼ばれる類のものです

ゲームが子供を悪くするのではなく、躾のできない親が子供の生活に悪影響を及ぼしているのです。

、一日30分だけといった時間を限定する約束をします。ですが、それがしばらくすると3時間も4時間も子供たちは遊んでいるケースが多く見られます。

今では幼稚園児でも、視力が1.0未満園児の割合が実に3割に
上っているそうです。
こうした視力調査が始まった1979年に比べると、約2倍の数値と
なっているそうですから、生活習慣や他の要因があるにせよ、
ゲームと視力低下にはなんらしかの関係があるようです

▽与えるなら、いつからが適当?

ゲームを買われるかは、ご家庭の判断だと思いますが
まず身に着けることを身に着けてから、ではないかと思います。

ゲームを買われるにしても、ある程度現実社会との折り合いが
出来るようになってからの方が良いのではないでしょうか?

いつから与えるか、
それについては遅ければ遅いほうがいいでしょう。
個人的には幼稚園のうちはなくても過ごせるので、
小学校に上がって、欲しいと言い出してからでいいと思います。

我が家では小学生になってから、買いました。
ゲームは限界まで買い与えないほうが良いです。
時間を決めなければ、いつまでも遊んでいますし…。本当は買いたくなかったのですが、やはり小学生ともなるとほとんどの子が持っているんですよ。

携帯ゲーム機は、月齢が進むにつれ自分で使う幼児が増え、5歳~6歳児では4割前後が自分で使っている。テレビゲーム機も5歳から6歳にかけて自分で使う幼児が大幅に増える。

NHK「2013年幼児生活時間調査」の主な結果について
調査日:2013年3月3日(日)、4日(月)
調査相手:首都圏(東京50キロ圏)に住む0歳(4か月)~就学前の幼児

回答した全ての保護者に対して、子どものゲーム機の所有状況について聞いたところ、小学生では89.3%が
「ニンテンドーDS(DS Lite/DSi/DSi LL含む)」
62.5%が「Wii(ウィー)」を所有している。

なんらかのゲーム機の所有率でみると、高校生は約8割(80.6%)であるが、小学生(93.6%)と中学生(92.1%)はいずれも9割を上回っている

▽最後に

情報化した現代社会で自分の子供だけを隔離するのは無理なのです。そうやって考えると、親が子供に教えていくことが大事です。実際に子供に使わせて良いところ、悪いところを把握させていくことが大切なんです。正しい使い方を教えていくことが何よりも大事です。

▽オススメまとめ

1