1. まとめトップ

【名言】町田樹語録がヤバイ!『僕の裸体に火の鳥の精神を絡みつけて具現化した』

「ティムシェル」「極北」男子フィギュアの町田樹選手の語録がすごいと話題です。町田樹選手の名言を随時まとめます。※前後を切り取ると過激な、ラジカルな言葉になってしまいますが、前後も含めてのちゃんとしたコンテクストなので町田選手を誤解しないようにしましょう。NEW→「誇りを胸に堂々と競技人生に終止符を」

更新日: 2015年02月03日

440 お気に入り 1037081 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

muremureさん

町田語録を一挙公開!

※前後を切り取ると過激な、ラジカルな言葉になってしまいますが、前後も含めてのちゃんとしたコンテクストなので町田選手を誤解しないようにしましょう。

「僕は元々芸術家。目指しているのは、純粋芸術としてのフィギュアスケート」

出典ameblo.jp

「活字を追い、紙のページをめくるという作業は、一種の精神安定剤のようなもの」

「エタノールを燃やしたときに透明な炎が出るんですけど、そういう見えない炎を内に秘めて虎視眈々と狙う」

「町田樹の最高傑作ができたと思っています」

「『エデンの東』=(俳優の)ジェームス・ディーンという金科玉条を振り払いたい。
僕のエデンとして解釈してほしい。
小説の舞台のサリナスに吹く風や、雄大な自然をリンクの上に描きたい」

「この前、大学で表彰式があったんですよ。スポーツの。 で、受賞者見ていたら、俺と同じ字で「イツキ」ってあったの。
『うわっ、コイツ俺と一緒の名前や』って。あんまりいい気持ちじゃなかった。すごい誇り持ってるから、自分の名前に。字も好きだし」

「僕にとって現状維持は退化」

「さなぎからチョウへ、羽化するような進化をお見せしたい」

「これまでの『火の鳥そのもの』から、『僕の裸体に火の鳥の精神を絡みつけて具現化した」

「(プログラムは)『文学的』で『哲学的』でしょうね。『この演技が一番『町田樹』らしいよね』っていうのが出来そうなので!」

「ショートは、間違いなく、『僕のスケート史上最高傑作』が出来る」

「1つ1つの要素でなく、 1つの芸術作品として創作しています」

「蒼穹の舞台でこのプログラムへの愛を皆様に届けたい 」

「この美しい青い舞台は自分のために作られたと思っています」

「オフコース、メダル」

記者:今日の火の鳥の燃焼度は?

町田:燃焼してないです。0パーセントです。まだまだ個人戦がありますから。
全力は尽くしましたし、とても気持ちが良かったですし、あとは次の大飛翔編にすべてを懸けます。

「本当に素敵な時間を過ごしたいなら、電話じゃなく僕の演技を見に来てよ」

「20年憧れてきた五輪の舞台。
弱い自分をなんとか封じ込められた。
決してベストではなかったけど、初の五輪を考えたら合格点だと思う。

ストラビンスキーの崇高な火の鳥が掛かった瞬間、僕の精神は落ち着いて、火の鳥と融合した」

(3回転が2回転になるミス)

「悔しいです。こんなミス僕はしないんですけど悔しいです。フリー次第でメダルに手が届く位置にいると思う。

今日はバレンタインデーですよね。
明日は逆バレンタインデーできるように頑張ります。」

(最初のジャンプで転倒)

「パフォーマンス的にそんなに完成度の高いものはできませんでしたが、最後まで懸命に闘ったつもりです。

僕は何も変わっていなくて、昔からずっと弱いんですけど、かけがえのない大切な人に支えられてここに立っている。

本当にオリンピックはこうも大きい存在なのかと…当たり前なんですけど、舞台に立って実感しました。

精一杯このオリンピックをがんばったつもりですし、すごく貴重な経験をさせてもらいました。
本当にもっともっと自分らしく、いいパフォーマンスを日本中の世界中のみなさんにお届けしたかったので残念です。

でも、ここからまた次の一歩を踏み出したい。」

「僕のソチ五輪が終わってしまいましたね。
なんか達成感とかいろんな気持ちがありすぎて…最後まで頑張れました。
応援ありがとうございました。
クイーンの誰もが知っている曲なので、それで僕の表現ができるのはこれほど幸せなことはないです。
(エアギターは)気持ちよかったです。
僕にとってソチは大変貴重な舞台で、学びがあって…今後の人生にソチ五輪は大きな糧になると思う。
これからも応援お願いします。」

オリンピックは本当に舞い上がってた自分がいた。
世界選手権では冷静に、なおかつ氷の上のみで熱く、僕の身体表現を通して皆様に語りかけられたらなと思います。

町田語録卒業宣言も飛び出す

じつはオリンピック終わってから・・・まぁなんていうんだろう。
語録を卒業しようと思いまして。
もうしゃべりでアピールしなくてもいいかなと、ちょっとオリンピックで思ったので。
ぼくの仕事は氷の上で演じることなので、僕の演技を通して感じていただけたら僕はそれで充分です。

(3月22日 めざましどようび インタビュー)

町田語録 卒業宣言後の語録

(歴代3位の高得点でSPを終えた後の会見)


「この幸せな気持ちも、ここを出たら一切捨てる」

(セレモニー後の羽生とのダブル会見で)

「ぶっつぶす。冗談だよ。じょうだ…あ、でも本当。」

(「スケートをやるうえで大切なことは?」との8歳の女児の質問に対して)


「自分のやりたいことや信じることを、いいときも悪いときもひたむきに諦めずに取り組む。
絶対に光はつかめる。」

1 2