1. まとめトップ

世界の強豪を抑え日本の「ふぐ」が金メダル!世界で最も怪しい食べ物ランキングがおぞましい・・・

カナダの雑誌に掲載された世界の最も怪しい食べ物トップ10でクモの天ぷらを抑えフグが1位なりました!世界の最も怪しい食べ物トップ10の1位~10位をまとめました。

更新日: 2014年02月17日

5 お気に入り 45517 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hao756さん

「怪しい食べ物ランキング」 ふぐが「クモの天ぷら」抑え世界一に!

総合ファミリー雑誌「リーダーズ・ダイジェスト」カナダ版のサイトで2014年1月31日、「世界の最も怪しい食べ物トップ10」が掲載され、日本のふぐが1位を獲得した。

日本では大人気!

バイトしてたらこれくれたー ふぐさし! 一皿三千円の価値らしい… めちゃうまかったっす♡ pic.twitter.com/8uKR5yuchG

だけど世界的には・・・?

理由について、「多くの人にとって食べたら死ぬかもしれない物を食べるのは非現実的だが、日本では30人を殺すほどの毒を持つふぐをごちそうとして食べている」と解説している。

猛毒を持つとイメージされているフグは外国人にとって“死ぬ覚悟”で挑む食べ物のようです

何だかどうしようもない魚に見えるな。しかし何で毒持ちの魚を食べたりするんだ!?
チャレンジの一種なんだろうなw イギリス 22歳

2位~10位の世界のゲテモノ料理達は以下の通りです!!

2位クモの天ぷら(カンボジア)

味は「鳥肉と魚のタラの間をとったような味」とも表現される。人によってはフライドチキンに似た味をしているとも言う

3位プレイリーオイスターズ(牛の睾丸のソテー、カナダ)

4位バロット(ふ化直前のアヒルのゆで卵、フィリピン)

孵化前の卵を茹でて食べるので、殻の内部では雛の姿が出来上がっており、羽根が濡れた状態で出てくるので、このような食品を食べる習慣のない国の者にとっては、見た目がグロテスクに感じられるが、食べ慣れると美味である。

5位ハギス(羊の内臓のミンチを羊の胃袋に詰めてゆでたもの、スコットランド)

茹でたヒツジの内臓ミンチ、オート麦、たまねぎ、ハーブを刻み、牛脂とともに羊の胃袋に詰めて茹る(もしくは蒸す)詰め物料理の一種。

1 2