1. まとめトップ

雪が降ると車のワイパーをカタツムリみたいに立てる理由って知ってる?

なんで雪が降ると、みんなが一斉に車のワイパーを立てる(上げる)か知っていますか?「ただなんとなく隣の車も立てていたから」という理由の人が、ほとんどではないでしょうか?今回はこの”雪”と”ワイパー”の因果関係の謎を解明します!その他、雪道での注意も合わせてご参考に。

更新日: 2018年10月24日

113 お気に入り 832316 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

uonumaさん

なってますよね!?なんで雪が降るとみんなが一斉に車のワイパーを立てる(上げる)か知っていますか?

「ただなんとなく隣の車も立てていたから」

という理由の人がほとんどではないでしょうか?

今回はこの”雪とワイパー”の因果関係の謎を解明します!

みんな(Twitter)の”ワイパー”に関する疑問や被害

疑問なんだけど。。。なんで車は雪の日になるとワイパー上げてるの??

なんでやるのか分からないけど、今日は車のワイパー立ててきた。

雪の日に車のワイパーを立てるのは、"もうお手上げ"のサイン

屋根から落ちた雪でワイパーが折れてしまった車発見。大雨で雪が融けだしたみたい。 pic.twitter.com/UvE2utPF9f

お父さんが迎えにきてくれた♡ お父さんがブレーキ踏んだら屋根にあった雪が落ちてきてワイパーでどかそうとしても無理でめっちゃ慌ててた(笑) pic.twitter.com/XqKoOOXhSZ

[お願い] 普段雪が降らない地域のみなさんに、ワイパーをたてる儀式をひろめましょう。 pic.twitter.com/8oaKjTyqgX

駐車場に止まってる車がみんなワイパー上がっててシュール

しかし、雪対策でワイパー立ててる車がもう触角立たせた虫にしか見えないなぁ…(´・ω・`)

車の上から落ちてくる雪の重みで左のワイパーが折れた_| ̄|○ もう雪キライ

日本有数の豪雪地帯・新潟県南魚沼市ではこうやって生活している

雪が降ったら車のワイパーをあげておく最大の理由は…

2.そのブレードを剥がそうとすると、ブレード面が傷むからです。
ブレード面が痛むと、ふき取り効果が減少します。

従って、ブレードの寿命を縮めないようにするための対策。
これが最大理由です。

一般的には「ワイパーゴムの劣化を防ぐため」という認識が強いと思いますが、雪の場合は「リンク機構を壊さないため」という理由もあります。

その他の雪が降った時に車を運転する際の注意

駐車の際にサイドブレーキを引いておくと凍結のおそれがあります。駐車時には平たんな場所を選び、マニュアル車ならギアを1速かバック、オートマ車ならPにいれて駐車しましょう。

常時風雪が吹きつける方向にフロントを向けて停めておくと、エンジンルームに雪が入り込んで凍結し、エンジンがかからなくなることがあるので注意してください。
特に気温が低い時やスキー場などではエンジンの下に毛布などを敷くなどエンジンの冷却防止に努めましょう。

エンジンをかけたまま仮眠すると、雪で排気マフラーが塞がれて排気ガスが車内に侵入し、一酸化炭素中毒のおそれがあります。やむをえず車で仮眠するときは、暖かい服装にしたり毛布を掛けるなどして、なるべく車のエンジンを停めましょう。

停車中に降雪が多いと思う時は、フロントガラスに解氷スプレーを塗布しておきましょう。フロントガラスの凍結防止にもなりますし、発進時に積もった雪をどかす時に楽にできます。

雪国で冷えた体を温めるラーメン特集

1 2