1. まとめトップ

歌舞伎町ホストクラブランキング7選2014Ver.

新宿歌舞伎町の有名大手グループ上位7選!店舗数、規模、歴史、他店舗へ与えた影響、独立者排出、勢いなどを総合的に加味した筆者の個人的な視点です。もちろん、この7グループ以外にも有名大手店舗が多数存在しますのでご贔屓のお店が載っていなくても怒らないでください。。

更新日: 2014年02月17日

16 お気に入り 81904 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kobebeverageさん

1.groupdandy (グループダンディ)

1位をどこにするかは大変悩みどころで、見る人によってはAIRグループと言う人もいるかも知れません。しかしながら、歌舞伎町に与えた影響の大きさ、グループダンディー出身の店舗の多さ、歴史、今もなお売上を上げ続ける高く店舗展開などを総合的に判断して、現時点での歌舞伎町有名グループの1位はグループダンディとしました。
グループダンディー出身者がさらに大手グループを作るという流れはもはや伝説的。そういえばMー1人気でいろんなジャンルで○-1グランプリが開催されてホス1グランプリなんてのも開催されましたが、当時の初代王者もこのグループでしたね。(3代目王者は後述するAIRグループ)。
最近では、このグループから独立して10年ほど経過して戻ってきた流星さんというホストさんが、出戻って最初の月に1700万円を売り上げてナンバー1をとったということでも騒がれていました。

2.AIR GROUP (エアーグループ)

悩んで悩んで1位でもいいかと思いながらも、グループダンディーに対応できる歌舞伎町最高峰グループはやっぱりAIRグループでしょう。本当に1位にしようか迷ったぐらい。
グループダンディーよりは歴史が浅いものの、気づけば10年以上。いつの間にか店舗数を拡大し、しかも1店舗1店舗がありえないほどの人気で着実に歌舞伎町のトップに上り詰めてきました。このグループのすごいところはやはり、店舗を取り巻く環境作りでしょうか。
AIRグループ専用のフリーペーパーを発刊したり、AIRグループのホストだけでトップを決めるA-1グランプリの開催、AIRグループコレクションの開催など、その辺の小さい雑誌社やウェブサイト運営会社よりもしっかりと媒体を運営している印象です。
また、ウェブサイトデザインの主流を作ったのもこのエアーグループ。
今でもエアーグループのホームページを模倣した他店舗のホームページをよく見かけます。

3.FUYUTSUKI GROUP (フユツキグループ)

1位2位とはちょっと差がありますので、今の歌舞伎町は3位不在と言っても過言ではないでしょう。それだけ前者2グループが投出しているという一方で、あえて3位を選ぶとしたら…勢いと意外と経営センスを発揮する新世代のリーダーフユツキグループでしょうか。
この方の同期世代は『当たり年』だったようでとてもたくさんの若手経営者がうまれ、競いあうように店舗数を増やしてきましたが…ふと気づけば勢いのままこの人だけですね。
ホストクラブ以外にもいろんな業種に手を出していますし、筆者がプライベートで行った江ノ島の海の家に店舗を出していたり。ファッションリーダー(言い方が古い)としても、この人のマネをして同じアクセサリーが売れたりしていましたねー。
ホストとしてはもっと上が居た印象ですが、経営者としては今後も伸びていく事を期待して3位とします。

4.KG-PRODUCE (ケージープロデュース)

正直、3位でも言いような気がする4位には、KG-PRODUCE。
ここは店舗数だけじゃなく、1店舗1店舗の売上がやばい。全店舗ありえないほどの盛況を誇り、イケメンが揃っている。
その訳は、3年前ぐらいからありえないほどの高額給料で他店のナンバー1クラスの移籍が相次いでいるから。中には、店舗の代表が自分の店を畳んでこのグループに移籍したり、自分で3店舗経営していた社長が自分の店を畳んでこのグループに移籍したりするほど。そんな他店舗のナンバー1クラスは1店舗に何人もいるのだから流行らないほうがおかしいでしょう。
給料条件も破格らしいので、働きたい人にもオススメできるかな。

5.YG PRODUCTION (ワイジープロダクション)

5位…というか、このグループは本当は順位をつけるのではなく、番外編として別格で紹介するべきかもしれない。ある意味、影のナンバー1グループと言っても問題ないでしょう。
YG PRODUCTION。旧プリンスグループという名称で知っている人もいるかもしれない。
プロデュースしているYUGAさんはガチのアーティスト。その才能は芸能界でミュージシャンとしてデビューしてアニメの主題歌に抜擢されるほど。そしてその後始めたホスト業界でスグにナンバー1、スグに独立という現在の若い人が独立する流れを作った原点となる人だ。
そして自身が経営する店でもその経営才能を発揮し、北は北海道から南は福岡まで自身の直営店や自身の店から独立させた社長たちとで全国で30-40店舗を展開したというとんでもない方。
そんなYUGAさんが一旦すべての店を整理し、後輩社長たちも完全独立し、自身が0から作っているのがこのYG PRODUCTION。
5位じゃなく、裏の1位のほうがふさわしい気がするなぁ。

6.Smappa! Group (スマッパグループ)

6位という言い方はちょっとおかしい気がするし、正直大手2グループ以外は横並びで数グループがあるような気がするけれどもいろいろ加味した結果、この全うで着実なスマッパグループを6位とさせていただいた。
このグループの特徴はなんといっても、ダークで得体のしれないホストクラブを表側に引っ張りだすために尽力した方で、今のホストクラブが真っ当に営業する流れを作った張本人だということ。手塚マキ。
まだホストが今よりも偏見の目で見られていた頃から、ボランティア団体を作って町の清掃を行ったり、災害があるごとに寄付金を集めたり。書籍の執筆やテレビでの相談員活動など、業界をクリーンなイメージに帰るために本当に尽力してくれている。
そういえば、歌舞伎町の入り口に『夜のロハス』というこれまでのホストクラブの下品な看板とは異なる看板を出していたのもこのグループだったなぁ。

7.R's Group (アールズグループ)

ここも順位はつけづらい。。。7位よりもっと上でむしろ全盛期は1位だったんじゃないかと思うほど、歌舞伎町の歴史を守る伝統で正当なホストクラブグループです。詳細は、ホームページに過去の歴史が書いてあるので興味がある人は見てみるといいでしょう。
当時ホストの日給といえば2000円から3000円で、女の子を騙してお金を貰うという本当にダークだった業界で、日給7000円暴力なし、ホストクラブを仕事に変えてくれたのはこのグループかもしれない。そして、メディアにも多数出演し、数々の伝説のホストを排出してきた。
最近は時代の流れで、きちんとした本物の接客をするホストクラブというのは珍しくなってきて、みんなチャラチャラカジュアルになってきている、。そして、客側もそんなカジュアルな店舗を支持している。しかし、本物はこのアールズグループロマンスに残っているんだよね。
当時の月間1000万以上売っていた伝説のホストたちも何人かこのグループに残って後輩の育成に関わっているらしい。
7位じゃないなー。うーん。。。時代がデフレから脱却して安いものじゃなく本物の価値を見直すようになった時、グループダンディ、エアーグループと対応に渡り合え、むしろトップをとる可能性のあるグループは、このアールズグループだけかもしれない。

…あ、ランキングにグループ愛入れるのを忘れていたけれども…まあいいでしょう。
そろそろ愛田さんも引退の噂もあるし。

1